NFT/ブロックチェーンのブリッジとは?

Blidgeとは

ブロックチェーンのブリッジとは2つのブロックチェーンの間で情報を移動させることです。

例えばSolanaからEthereumに情報を移動させたい時にブリッジを行います。

以下では、ブロックチェーンのブリッジの仕組みに関して簡単に説明します。

そもそもブロックチェーンについて理解が追いついていないという方は以下の記事をご覧ください。

NFTとは
NFTとは何か?初心者にもわかりやすく簡単に解説!NFTとは? NFTは英語で、「Non-Fungible Token」の頭文字です。 日本語訳すると「非代替性トークン」です。 ...

ブリッジの仕組み

ブロックチェーンにはEthereumやSolana、Polygon、BSCなど様々な種類があります。

その中で、例えば「Solanaで取引ができるNFTを入手するために、Ethreumにある資産をSolanaに移したい」と考えることがあるのではないでしょうか。

その際に利用するのがブリッジという仕組みです。

例えばSolanaチェーンにある「NFT A」をEthereumに移したい場合、この「NFT A」をブリッジコントラクトという場所にロックして誰も触れないようにします。

この工程が完了したらEthereum上に「NFT A’」(NFT Aと同等のもの)が生成されます。

逆にブリッジしたものを戻したい場合は逆の手順を行うことで完了します。

ブリッジコントラクトのハッキングに注意

ブリッジをする際は、ブリッジコントラクトのハッキングに注意が必要です。

ブリッジコントラクトが開始されたばかりのものであったり、信用できない場合は、一度様子をみてもよいでしょう。