コンソーシアムチェーンとは?

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンはブロックチェーンの種類の一つで、パブリックチェーンとプライベートチェーンの中間に位置するブロックチェーンの種類のことです。

ブロックチェーンやパブリックチェーン 、プライベートチェーンについて分からない方は、記事を読み進める前に下記記事をご覧ください。

ブロックチェーンとは
ブロックチェーンとは?どんな種類がある?一言で分かりやすく紹介!ブロックチェーンを分かりやすく一言で表すと、「改ざんが限りなく不可能な取引の仕組み」です。 本記事では、ブロックチェーンについて、...
パブリックチェーンとは
パブリックチェーンとは?プライベートチェーンとの違いも紹介!パブリックチェーンは、ブロックチェーンの種類の一つで、誰でも自由にネットワークに参加できるブロックチェーンのことです。 ブロックチ...
プライーとチェーンとは
プライベートチェーンとは?パブリックチェーンとの違いも紹介!プライベートチェーンはブロックチェーンの種類の一つで、ネットワーク参加に承認が必要なブロックチェーンのことです。 ブロックチェーン...

コンソーシアムチェーンとは?

ブロックチェーンにはパブリックチェーンプライベートチェーンコンソーシアムチェーンの3種類が存在します。

そのうちコンソーシアムチェーンは、複数の管理者によって管理が行われ、参加者のみにデータが公開されるブロックチェーンで、一般的にパブリックチェーンとプライベートチェーンの中間と言われることが多いです。

コンソーシアムチェーンはプライベートチェーンと異なり、複数の管理者が存在するため、責任やコストを複数の管理者に分散できます。

また、データを閲覧可能な人物が限られているため、パブリックチェーンのようなプライバシーの問題もありません。

コンソーシアムチェーンは主に複数の企業や団体で情報共有をする際に利用されるケースが多いです。