仮想通貨のFUDの意味とは?使用例など初心者にもわかりやすく解説!

fud

FUDとは?

FUDとは「Fear(恐怖)」「 Uncertainty(不確実)」「Doubt(疑念)」の3つの単語の頭文字をとった言葉で、恐怖心や不安感を煽る悪い噂を流すことを指します。

「ファッド」や「エフ・ユー・ディー」などの読み方で呼ばれ、SNS上でもよく使用されるワードです。

仮想通貨にのみ使用されるものではなく、マーケティング戦略やPR戦略として使用されることも多くあります。

仮想通貨の世界では、ネガティブな情報を流しユーザーの不安感を煽ることで、仮想通貨の価格を調整しようしたり利用を制限しようとする動きが代表的なFUDとして挙げられます。

仮想通貨はまだ歴史が浅く価格の変動も大きいことから、こうしたFUDの影響を受けやすいという側面を持ちます。

FUDは故意的に行われることもありますが、確実性の低い情報を信じ込み発信することで意図せず行ってしまう場合もあります。

FUDに振り回されないため、FUDの発信者とならないためには、正しい情報を判断するリテラシーが必要となります。

ネガティブな情報を目にした場合は、情報源がどこか公式発表が行われているのか、冷静に情報収集して判断するようにしましょう。

  • 「あの価格暴落はFUDの影響だ」
  • 「FUDに惑わされないようにしよう」