ジェネラティブアート(ジェネレーティブアート)NFTとは?

ジェネラティブアート

ジェネラティブアートは、コンピューターワークで表現した模様や物体の質感を作品に取り入れているアートのスタイルです。

ジェネレーティブアートとも呼ばれています。

元々ジェネラティブアートは、1960年代に生まれたアートカテゴリーです。
そこにブロックチェーン技術を掛け合わせ、スマートコントラクトを実行することでジェネラティブアートを作成できるようになりました。

ジェネラティブアートの大きな特徴は、アーティストが描くデジタル作品にランダム性を付与し、発行するまでどのような作品が生まれるか分からないという点です。

例えば、日本発のジェネラティブアートNFTであるGenerativemasksは、アルゴリズムによってリロードするたびに配色が異なるマスクが自動的に生成されます!