NFT写真は売れる?NFT化の利点や販売方法、肖像権・著作権問題を解説

nftgame shashin

最近テレビなどでNFTという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

NFTとは「Non-Fungible Token(ノン ファンジャブル トークン)」の略で、日本語に直すと非代替性トークンという意味になります。

非代替性というのは替が効かないということです。

そして、トークンとはブロックチェーン技術を使用した暗号資産のことなので、簡単に言うと替が効かない暗号資産ということになります。

今回LudusではそんなNFTを使った写真について以下の内容でご紹介していきます👀

  • NFTで写真を売ることで得られるメリットについて
  • NFTでの写真販売の方法について
  • NFTでの写真販売で注意すべきことについて

そのほかにもNFTの始め方についても見ていきます

YATARO
YATARO
NFTで写真が売れるって知らんかった!

NFTで写真を売るメリット

写真はなにもNFTで売らなくても売ることができますよね?

しかし、NFTで写真を売ることには普通に写真を売ることよりもメリットがあります。

そのメリットとは、NFT改ざんができないため、その絵の所有者だということを簡単に証明できるという点です。

従来の絵の販売だと偽物と本物の区別が難しく、その絵に本当の価値があるのかが分かりづらいということがありました。

そのほかにも、仮想通貨と販売先を持っていれば簡単に絵を出品することができるというのも大きなメリットの一つです。

写真集を出版しようとすると費用も時間もたくさんかかってしまうでしょう。

しかし、NFTであればスマホで撮った写真であったとしても、サクッと写真を売ることができるので普通に写真集を出版社するよりも写真販売の手間を抑えられます。

Ludus公式YouTubeチャンネル始動!

yataro_youtube

毎日NFTゲームのニュースを発信!

チャンネル登録する

NFTで写真を販売するための方法は?

では、実際にNFTで写真を販売してみようと思っても、なにからやったらいいか分からないことでしょう。

暗号資産と言われてもなんか難しそうと感じるのは無理もありません。

というわけで、続いてはNFTで写真を販売する方法について見ていきましょう。

YATARO
YATARO
まずは販売方法を確認していくで!

販売するための写真を撮影する

まずは販売するための写真がなければなにも始まらないので、販売用の写真を撮影しましょう。

このときに著作権が発生するものが映り込んでいないかなどはしっかりとチェックしておかなければなりません。

ただの風景や建物であったとしても著作物に該当する可能性があるので、許可が取れるものは許可を取るなど配慮が必要です。

そのほかにも、トレンドを押さえた写真や自分のファンになってもらいやすいようにコンセプトを統一するなどの工夫もあると良いでしょう。

ETHなどの取引口座とウォレットを作成する

写真をNFTで販売するためにコインチェックなどで口座を開設して、必要なETH(イーサリアム)を購入する必要があります。

口座開設などは無料で行えます。

取引口座ができたら暗号資産の資金を管理するためのウォレットの作成も必須です。

取引口座の開設やウォレットの作成もネットですぐにできてしまうので、NFTを利用したい方は後回しにせずに作っておきましょう。

MetaMaskのインストール・登録・ログイン方法は?
MetaMaskのインストール・登録・ログインを画面解説!秘密鍵は?MetaMaskをインストール・登録したいけど、実際にどうやったらいいか分からないという方に向けてMetaMaskのインストール方法を解...

マーケットプレイスに登録する

口座とウォレットの作成ができたらマーケットプレイスに登録しましょう。

NFT化された作品の売買が可能なのがマーケットプレイスです。

一口にマーケットプライスといってもさまざまなものがあり、出品されているNFTや審査の有無など、それぞれに特徴があります。

最初はどこのマーケットプレイスに登録したらいいのか考えるのも難しいでしょう。

なので、続いてはLudusがおすすめするマーケットプレイスを3つご紹介していきます。

おすすめ①OpenSea

OpenSea(オープンシー)とは、マーケットプレイスの中でも世界最大規模の大手です。

イーサリアム以外にもさまざまなブロックチェーンに対応しており、無料でNFTの作成から販売までを行えるという特徴があります。

OpenSeaは海外のマーケットプレイスなので、サイトは英語表記で日本人からしたら取っ付きにくいと思われるかもしれませんが、分かりやすいUIと日本でも検索して調べるとたくさん情報があるので、大きく困ることはないでしょう。

OpenSeaとは
OpenSeaとは?売り方や買い方、使い方・始め方など全て解説今回Ludusでは、世界最大のNFTマーケットプレイス、OpenSeaについて以下の内容を解説していきます。 OpenSeaと...

おすすめ②Rariable

Rariable(ラリブル)OpenSeaと同じ海外のマーケットプレイスです。

Rariableの特徴は、Rarible内で購入や売却を行うと、 RARIというRariable独自のトークンを獲得できるということです。

このRARIRaribleで取引する際の手数料としても利用することができます。

おすすめ③LeadEdge

LeadEdge(リードエッジ)は国内最大級のマーケットプレイスです。

LeadEdge日本発のマーケットプレイスなので、海外が主流のマーケットプレイスが使いづらいという方におすすめです。

さらに、LeadEdgeは出品アーティストの審査がなく、手軽に出品できるというのも特徴です。

これらの特徴からLeadEdgeは新規参入がしやすいマーケットプレイスだといえるでしょう。

撮影した写真をデータ化してNFTで出品する

撮影した写真はデータ化しないとNFTで販売することはできません。

JPGPNGGIFSVGといったように販売前に写真をデータ化する編集をしておきましょう。

販売時は自分で値段を設定することができます。

そのときの相場などを見ながら値段を決めるのがいいですが、最初のうちはあまり高値を付けずに低めの価格設定で始めるのがいいでしょう。

NFTで写真を販売するときに注意すること

NFTで写真を販売する際に気をつけなければいけないことがあります。

続いてはそれらの項目について詳しくみていきましょう。

YATARO
YATARO
ルールは必ず守ろな!

肖像権や著作権に気をつける

もちろん写真の売買をするということは、肖像権や著作権の侵害はNGです。

ですが、分かっているはずでも意外と見落としがちなのも事実です。

何気なく撮った写真が肖像権を侵害していると問題になるケースも珍しくないでしょう。

肖像権や著作権が発生する人物や建物が写り込んでいる写真は事前に許可を取っておく必要があるので、後々トラブルにならないためにも、これらの項目はしっかりと押さえておきましょう。

手数料が発生する

実際に写真が売れたらその金額を丸々貰えるわけでなく、販売手数料というものがかかってきます。

手数料はどのマーケットプレイスに登録しているかによっても変わってきますが、およそ210%ほどはかかると考えておくと良いでしょう。

そのほかにも、ガス代と呼ばれるネットワークの手数料もかかってきます。

サービスによっても値段は変わってきますが、ある程度売上から引かれることは覚悟しておきましょう。

市場の規模が小さい

NFTの知名度は日本国内においても着々と上がってきています。

しかし、まだまだ大きな市場とまでは言えません。

写真を売ろうと思っても買い手がNFTを利用していないと、どれだけ良い作品であってもなかなか商品が売れることは難しいでしょう。

NFTは日本よりも海外の方が認知度は高いので、NFTで稼ごうと思った場合に日本向けではなく海外向けの作品にするなどの工夫も必要となってきます。

販売する時の写真のサイズに制限はある?

NFTで写真を販売する際のサイズの大きさに制限はあるのでしょうか?

実際、写真販売時のサイズの制限はありません。

しかし、NFTでは写真をデータ化して販売するので、データの容量には制限があります。

どれくらいのデータまでは可能なのか、しっかりとチェックしておきましょう。

NFTの写真についてのまとめ

今回LudusではNFTの写真についてご紹介してきました

最後に本記事の内容をまとめてみましょう。

  • NFTは写真をサクッと売れるというメリットがある
  • NFTを始めるには取引口座やウォレットを開設する必要がある
  • NFTで販売するときは著作権や肖像権に気をつけなければならない

NFTを利用すれば誰でも簡単に写真の販売ができるということが分かりましたね

自分が撮影した写真がNFTで売れたらとても嬉しいものでしょう。

自分の取引口座とウォレットがあれば、誰でも始められるので、少しでも気になる方はぜひNFTで写真販売に挑戦してみてはいかがですか?

YATARO
YATARO
最後まで見てくれてありがとうな!

NFTの最新情報はTwitterで!

NFTゲームや仮想通貨の世界は最新情報が全てです。
最新情報に触れることができれば先行者利益を労せず得ることができます。

LudusスタッフのYATAROがNFTゲームに特化したTwitterを運営しております。
フォローすれば以下の情報が手に入ります。

  • 実際にNFTゲームをプレイした感想と分析
  • 実際に儲かるのかNFTゲームの収支公開
  • 最新のNFTセール情報
  • 注目のNFTゲーム
YATARO
YATARO
フォローお願いします!毎日更新してます!

YATAROのTwitter

Ludus公式LINEアカウント開設!

yataro_line

毎日NFTの最新情報を配信中

LINEでフォローする