NFTコレクション「CryptoNinja Partners」の新キャラクター名称が決定!

ルナ

22,222点を発行するNFTコレクション「CryptoNinja partners」の販売元である、株式会社バケットは、新たにリリースするキャラクターの名称が決定したことを発表しました。

今回Ludusでは、新キャラクターの名称がどのような名前決まったか、どのような過程で決まったのかをお知らせします。

さくら
さくら
何に決まったのか気になりますね!

1,000件超えの応募から、ホルダー投票で決定

22,222点を発行し、流通額2,000ETH(約3億円)を突破したNFTコレクション「CryptoNinja partners(以下CNP)」の販売元である株式会社バケットは、新たにリリースするキャラクターの名称が「ルナ(Luna)」に決定したことを発表しました。

CNPについて

CNPは、37,000人以上が参加する国内最大級のDAO「NinjaDAO」のプロジェクトで、忍者をテーマに展開するIP「CryptoNinja」のスピンオフNFTコレクションとしてDAOの参加者がプロジェクトメンバとなり、企画・デザイン・開発・マーケティングを行いました。

CNPが目指すのは、キャラクターや作品のファンが「パートナー」になれる世界です。NFTの短期売買による利益ではなく、「保有することでえられる価値」を最大以下する取り組みに力を入れており、今回のキャンペーンにおいても、NFTのオーナーがキャラクターの名前を決めることができるという新しい体験価値の提供を行っています。

5月15日(日)に0.001ETHで発売後も、様々な4価値の提供を続けた結果、積極的な二次販売が行われ、日本発のジェネラティブコレクションとしては国内最大規模(流通額2,000ETH、ホルダー数4,500人)に成長しました。7月8日(金)時点では、NFTマーケットプレイス「OpenSea」において、一次販売の600倍程度(0.6ETH前後)で取引されています。

新キャラクターについて

CNPとしては5体目のキャラクターであり、「CryptoNinja」に登場する人気キャラクター「於兎(Oto)」が口寄せしたウサギという設定です。7月31日(日)に「バー忍(※1)」8月2日(火)にリビール(公開)を予定しており、既存NFTの一部がこの新キャラクターのNFTに入れ替わることになります。

(※1)NFT発行総数22,222点の最大10%をバーン(売却)することで、キャラクター達との「別れと出会い」が体験できるイベント

募集・投票結果

●名称確定方法
日本神話や「月のうさぎ」「Lunar(月の)」から着想を得たもの、ウサギの特徴である「耳」や跳ねる動きをイメージしたものなど、多数の作品の中から、8つの候補を確定しました。
CNPホルダーによる投票で、最も得票数の多かった「Luna(ルナ)」に決定しました。

●応募総数
1,044件

●投票総数
1,066票

●命名者の決定方法
同一名称に複数の応募があったため、合計応募数が少ない応募者を優先し、名前に込められた思いを考慮の上、受賞対象者1名を決定いたしました。

●命名特典
命名者として選ばれた方にはCNP1点をプレゼントいたします。

いかがでしたでしょうか?
ルナとはかわいい名前ですね!ウサギのキャラクターにぴったりです!
前回Ludusでも「CryptoNinja」について記事を上げているのでこちらも併せてみてみてください!

NFTクリプト忍者は稼げる?ゲームの始め方や攻略方法も紹介!
【CNPR】NFTコレクション「CNPR」の始め方・買い方を徹底解説!
CryptoNinja Party! 第1回ゲームNFTセールを7月上旬に開催!

引用:PRTIMES