3ACに巨額融資の仮想通貨企業「Voyager Digital」米裁判所に破産申請

voyagerdigital

3ACに巨額融資をしていた仮想通貨企業「Voyager Digital」が米裁判所に破産申請をしていたことがわかりました。。

今回Ludusでは、こちらのニュースについてお知らせします。

まつたろー
まつたろー
これは大変なことが起きました。

暗号資産の価格暴落でポジションを強制清算された大手仮想通貨ヘッジファンドに巨額融資

暗号資産の価格暴落でポジションを強制清算されたことが報じられていた大手仮想通貨ヘッジファンド「Three Arrows Capital(3AC)」に巨額融資を行っていた「Voyager Digital (ボイジャー・デジタル)」は2022年7月5日に、日本の民事再生法に相当する再建型の倒産法制度「米連邦破産法11条(チャプター11)」に基づいた破産申請を行ったことを発表しました。

米連邦破産法11条(チャプター11)を申請

暗号資産関連サービスを提供している「VOyager Digital」は2022年7月5日に、ニューヨーク南部地区裁判所に日本の民事再生法に相当する再建型の倒産法制度「米連邦倒産法11条(チャプター11)」に基づいた破産申請を行ったことを発表しました。

米維連邦破産11条(チャプター11)とは、米国における代表的な再建型の倒産法制であり、旧経営陣が引き続き経営を行いながら負債の削減などを企業再建を行うことができるものなっています。

Voyager Digitalは、暗号資産の価格暴落でポジションを強制清算されたことが報じられていたシンガポール拠点の大手仮想通貨ヘッジファンド「Three Arrows Capital(3AC)」に対して債務不履行通知を発行していた企業であり、3ACには15,250BTCと3億5,000万USDCを貸していたと報告されています。

ボイジャーデジタルは公式発表の中で、今回の申請が再建計画の一部であることを説明しており、同社のCEOであるStephen Ehrich氏は『この包括的な組織再編は、プラットフォーム上の資産を保護し、顧客を含むすべてのステークホルダーの価値を最大化するための最善の方法である』とコメントしています。

この計画が実行されるためには裁判所の承認が必要となりますが、計画が実行されれば同社の顧客は再び口座にアクセスできるようになり、顧客に価値を還元することができるとのことで、具体的には同社アカウントに暗号資産を保有する顧客は「アカウント内の暗号資産・Three Arrows Capitalから回収した収益・新たに再編される会社の普通株式・Voyagaerトークン」を組み合わせて受け取ることになると説明しています。

公式発表によると、Voyager Digitalはプラットフォーム上に13億ドルの暗号資産、メトロポリタン商業銀行の顧客向けFBO口座に3億5,000万ドル以上の現金を保有、Three Arrows Capitalに対する再建は6億5,000万ドル以上とされています。

Voyager Digitalは公式の中で、『ステークホルダーの価値を最大化するために、あらゆる戦略的選択肢を評価し続けている』とコメントしています。

なお、Three Arrows Capital(3AC)に関しては今月初めに『米国の資産を保護するために米国破産法第15条(国産倒産)の適用を申請した』と報告されています。

 

いかがでしたでしょうか?
多額の融資をしていて、安心企業かと思ったら自分のところも危なかったようですね。
破産法11条が承認されたら、顧客の方たちの保有する暗号資産はとりあえず大丈夫そうなので、承認されることを祈るしかないですね。
暗号資産の暴落まだまだ収まらなさそうなので早く収集してほしいですね。

 

引用:BITTIMES