人材成長支援型NFT「チャンピオンサーチ」リリース!

チャンピオンサーチ

株式会社Numberは、「NFT×人材」をコンセプトに、IT人材の未来を応援する人材成長型NFTプラットフォーム「チャンピオンサーチ」の正式登録を開始したことを発表しました。

今回Ludusでは、「チャンピオンサーチ」がどのようなサービスかをお知らせします。

そら
そら
気になるね!

スキル登録でAIが3DアートNFTを自動生成

株式会社Numberは、「NFT×人材」をコンセプトに、IT 人材の未来を応援する人材成長支援型NFTプラットフォーム「チャンピオンサーチ」の正式登録を開始したと発表しました。

 

登録したビジネススキルをAIが解析し、3Dアートのデジタル宝石NFTを自動生成し、人材成長支援型NFTプラットフォームでIT人材の未来を応援するとのことです。

「未来人材ビジョン」で語られた能力やスキルを絶えず更新し続ける必要性

2022年5月に経済産業省から発表された「未来人材ビジョン」では「デジタル化や脱炭素化といったメガトレンドは、必要とされる能力やスキルを変え、職種や産業の労働重要を大きく増減させる可能性ある。こうした中、未来を支える人材育成・確保のために雇用・労働から教育まで社会システム全体の見直しに必要がある。」(未来ビジョンp97から抜粋)と語られているように、能力やスキルを絶えず更新し続ける必要性が高まっている社会背景がきっかけとのことです。

また、「チャンピオンサーチ」は「NFT×人材」の切り口で、IT人材を主役にすること、もっとIT人材が評価される社会環境を事業を通して実現することで、IT人材の未来を応援することをコンセプトに、ただの投機目的でない、社会課題解決につながる「人材成長支援型NFT」です。「Work to earn & Coarcting to  Earn」を掲げ、さまざまなITスキルを有する方々や団体と連携を行うことで、一緒にIT人材の未来を応援する社会の実現を目指します。

スキルを3DのNFTアートで具現化

チャンピオンサーチにユーザー登録後、成長させたいビジネススキルを申請することで、AIが登録内容を自動解析し、3DのNFTアート「スキルジェム」を自動生成します。
作成された「スキルジェム」は登録ユーザーに無料で進呈されます。TofuNFTなど、AstarNerworkに対応したNFTマーケットプレイスで販売することが可能です。

スキルジェムの申請第一弾の締め切りは7月16日で、事前登録者は優先的に生成対象になるとのこです。
スキルジェムは一定期間の申請期間を経て、生成対象が決定します。
生成対象を決定後、1週間程度でスキルジェム申請時にご登録いただいた仮想通貨をレットあてに送付させていただきます。
利用ブロックチェーンはAstarNetworkです。

スキルジェム生成申請方法

<対象者>
ITスキルを有する、習得しようとするすべての方が対象

<参考:下記のようなスキルを有している方>
・基本情報技術者試験に合格/勉強している
・ruby on railsやAngularの公式チュートリアルに挑戦したことがある
・システム開発/アプリ開発で十分な経験があり/これから経験を積みたい
・ハッカソンに挑戦経験がある/表彰経験がある
・プロダクトマネージャー(PdM)やベンダー資格等の複数のスキルを有している

等のお持ちのスキルを登録することで、NFT「スキルジェム」を発行することができます。

<登録URL>
下記のURLより、スキルジェム生成の申請登録をお願い致します。
登録いただいた方から、チャンピオンサーチが発行するNFT「スキルジェム」を発行するための審査権利を得ることが可能です。
https://champion-search.com/

今後の展開

今後も様々な人材や団体との連携を行うことで、IT人材の未来を繋げるべく継続的かつ円滑な運営に向けて取り組んでまいります、とのことです。

 

いかがでしたでしょうか?
自分のスキルをNFT化してもらって可視化できるのは、自分が今どれだけできるのか、全体のどの位置なのかを把握できるのでスキルアップをする目安にすることができていいいかもしれませんね!
ITスキルを持っている方や今勉強中の方は登録してみてはいかがでしょうか?

引用:PR TIMES