石川県を中心に活動する団体「メタバース石川」、スポンサーNFT発行!

メタバース石川

石川県を中心に活動する団体「メタバース石川」がスポンサーNFTを発行することがわかりました。
Ludusでは、市民活動団体×Web3の新しい施策についてお伝えします。

さくら
さくら
NFTを使用して地域活性ができるなんてすごいですね!

地域の活性化を図る狙い

石川県を中心に活動する団体「メタバース石川」がスポンサーNFTをHEXA(ヘキサ)で6月20日21時から販売することが発表されました。

 

NFTはすべてナンバリングされており、1点物となっております。
スポンサーNFTW保有することで。「メタバース石川」のスポンサーであることを公言でき、また、NFTページ上からその証明をすることができます。「メタバース石川」がより人気になると、より多くの個人が企業がスポンサー枠を購入する需要が生まれるため、スポンサーNFTが値上がりする可能性も生まれます。

これは応援する団体・組織を個人がNFTを購入してスポンサーをする全く新しいWeb3の施策となります。スポンサーNFT発行後は、「メタバース石川」のイベントや公民館の掲示板に掲示されるスポンサーNFTのQRコードからアクセルできるページからいつでもリアルタイムに所有者を確認することができ、リアルと連携しています。また、そのページ上でスポンサーNFTを簡単に売買することもでき、転売されるたびに転売額が最大10%が「メタバース石川」に還元されます。

メタバース石川とは、デジタルデザインと地域を繋ぐ横断組織の体験提供を掲げ、地域の公民館等でメテバース空間の体験をはじめ、アート体験、PC体験、デザイン体験、VR体験、esports体験等、体験とイベントを通して、デジタルのまちと未来を創る社会実験、協力等を行い、各地域の人々のつながりをつくることを目標にしている団体です。野々市市をはじめ、市民活動団体として登録されています。

下記に詳細をお伝えします。

〇販売NFT
【メタバース石川】スポンサーNFT【Sponsor#01~30】
〇販売価格と販売方法
5,000円、先着順
〇販売期間
2022年6月20日(月) 21:00~6月27日(月) 23:59まで
〇販売ページ
https://nft.hexanft.com/sponsors/crptopanyajam

地域活性化を図るNFTの出現により、今までは実際に旅行に行って貢献するくらいしかなかったと思います。
それが、スポンサーNFT購入することによって、その町のスポンサーに個人でもスポンサーになれる時代となりました。
これからますますスポンサーNFTが増えるのではないかと思います。
そうしたら、自分の好きな街だったり、ふるさとだったりに少しながらでも地域貢献できると考えるとわくわくしてきますね!
是非メタバース石川のスポンサーNFTを購入してみてはいかがでしょうか?

引用:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000046191.html