Polygonがコンテンツ大国の日本で拡大する4つの利点

ポリゴン

昨今、ブロックチェーンやアプリケーションなどWeb3全体が盛り上がりを見せています。
その中でも注目を集めるのが「Polygon(ポリゴン)」です。
そのポリゴンが日本でも拡大していくだろうといわれています。
今回Ludusでは、ポリゴンが日本で拡大する理由をお伝えします。

そら
そら
どんな理由か気になるね!

4つの特性

イーサリアムは、アプリケーションの数で世界一を誇るブロックチェーンだが、そのチェーンを拡張するためのレイヤー2チェーンとして注目を集めているのが、ソフトバンク・ビジョンファンドやセコイヤ・キャピタルなどが出資しているポリゴンです。

それぞれネイティブトークン(暗号資産)が流通するブロックチェーンのエコシステムは昨年、急激に拡大しましたが、その成長をけん引したアプリケーションは大きく3つに分けると、DeFi(金融)、NFT(コンテンツ)、GameFi(ゲーム)です。

NFTを活用したアプリやメタバース(仮想空間)、GameFiを巡って、世界中の多くのデベロッパーがさらに開発を加速させようとしているなか、ポリゴンは昨年7月に「ポリゴン・スタジオ」を立ち上げ、開発者を支援する取り組みを強化しました。

YouTubeのゲーム部門責任者を務めたライアン・ワイアット氏が、ポリゴン・スタジオのCEOに就任し、アニメとゲームなどのエンターテイメント・コンテンツを豊富に持つ日本を戦略的・最重要市場の一つと位置付けています。

ポリゴンを採用する企業がじわじわと増える日本で、ポリゴンの4つの利点を生かして開発企業の支援をさらに強めていく方針です。ポリゴン・スタジオで5月に、日本のビジネス・デベロップメント・マネージャーについたビール・ヨリコ氏がcoindesk JAPANの取材に応じた際に4つの特性があると話しています。

その4つの特性とは、①EVM(イーサリアムとの互換性)、②速さ(ブロック生成する速さ)、③安さ(NFTなどの発行にかかる手数料)、④「カルチャーレと呼ばれる、ポリゴンのエコシステムで働くほかのプロジェクトとの連携容易性とのことです。

「ライアンの入社以来、士気が強まったことはいうまでもない。これまでWeb2の便テック企業でUIとUXの工場を照って汽笛に研究してきたプロが、次世代のWeb3の領域でそのノウハウをフル活用することは、新しいエコシステムを作り上げようとしてる中でとても重要だろう」とビール氏は述べています。

また、「ポリゴンは日本市場でチェーンをより浸透させる体制を整備したといえる。エンタメ領域に特化したポリゴン・スタジオを組織することで、日本企業による次世代ゲームの開発をハンズオンで支援できる環境を整えている」と、ビール氏は説明します。

例えば、ゲームの中での利用用とを持つトークンが組み込まれるPly-to-Earn型(プレイしてトークンを稼ぐことができる)のGameFiを開発する場合、そのゲームで使えるトークンを取り扱っているDEX(ノンカストディアルの暗号資産交換サービス)が必要になってきます。また、今テンスの一部がNFTになっている場合は、ゲーム向けのUXを提供するためのをレットも必要になります。

その際ポリゴンの強みであるカルチャーレゴを通じて、ゲーム開発企業はポリゴン上で展開するDEX等との連携をスムースに進めることができるといいます。

イーサリム上の取引量が急増したことによって取引処理スピードが下がり、手数料(ガス代)は高騰しました。いわゆる「ガス代問題」は結果的に、ポリゴンの利用ケースを増大させました。

現在、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)を採用してきたイーサリアムは、Proof of Stake仕様のイーサリアム2.0に移行する大転換プロジェクトを進めています。
エネルギー消費が大幅に抑えられ、処理能力の強化が期待されるプロジェクトが完了した時ポリゴンはどうなるのか、ビール氏は「2.0への移行で、イーサリアムはもちろん、決済レイヤーとしての信頼をさらに増していくことになり、多くのゲームアプリ上で発生する膨大な取引はポリゴン上で継続して行われるようになるだろう」と話しています。

また、ポリゴンは昨年からチェーンのスケーラビリティをさらに拡大させる施策として、ゼロ知識照明を活用したソリューションの開発を強化しているとのことです。
今後はピアーツーピアが中心のWeb3.0の世界でユーザー規模を拡大する際、このゼロ知識照明の存在が重要になってくるといいます。

ゼロ知識照明とは、暗号額において、個人が他の人に、自分の持っている命題が真であることを伝えるとき、真であること以外の知識を伝えることなく証明できる手法のことを言います。

例えば、特定のウェブサービスにログインする際、ユーザーはパスワードを入力する代わりに、パスワードを知っている事実の証明を送ります。また、本人確認を行う際、ユーザーは第三者に母親の旧姓等を伝達する代わりに、自分が本人である事実の証拠を送ります。

ポリゴンを採用する企業は、日本でもみられるようになりました。NFTの取引サービスを運営するSBIホールディングスや、音楽配信サービスを手掛けるレコチョク等がユーザー企業リストに含まれます。

また、自民党の青年局が5月に、NFTを会議等で配布する計画を明らかにして話材になりましたが、そのNFTの発行にはポリゴンが利用されるといわれています。

ビール氏は「私たちはあくまでも企業や開発者をサポートする立場。ブロックチェーンをうまく活用して、そのエコシステムに存在するサービス同氏が連携できる環境を日本でも作り上げて言うことが大切だと考えている。Web3の世界で日本企業が勝ち続けられる土台になっていきたい」とのことです。

いかがでしたでしょうか?
Web3の世界で日本が勝ち続けられる環境が整ってきているのがとてもよくわかりましたね。
また大企業も政党も注目するポリゴンに今後も目が離せないですね!

 

引用:coindesk JAPAN
https://www.coindeskjapan.com/149121/