プロゲーマー

韓国人元プロLoLゲーマーSavage選手って?3か国を渡り歩いた経歴を紹介!

Savage選手は、League of Legendの元プロプレイヤーであり、元コーチです。

今回eスポでは、Savage選手について以下の内容を中心に紹介していきます❗️

  • Savage選手のプロフィールを紹介
  • Savage選手のTwitterは?
  • Savage選手がプレイするLeague of Legendを紹介!
  • Savage選手の実績を紹介
  • Savage選手のプレイスタイルを紹介!
  • Savage選手が所属するプロゲーミングチームRascal Jesterを紹介
  • Savage選手についてまとめ

Savage選手の人気な配信や動画も紹介していきます。

そら
そら
最後まで読んでくれると嬉しいな~

Savage選手のプロフィールを紹介

プレイヤーネーム(サモナーネーム) Savage
誕生日 1997年10月16日
年齢 24歳(韓国年齢)
出身 韓国
本名 Jang Seung-gyu (장승규)
競技シーン League of Legends
ロール Jungler
配信サイト 7hsavage
Twitter Savage
Facebook 장승규

2021年3月現在、Savage選手のプロフィールとして公開されているものをご紹介します❗️

Savage選手はLeague of LegendsでJunglerとしてプレーしていた元プレイヤーです。

2016年1月に韓国チームのWaYというチームに所属し韓国LoLリーグ2部に相当するChallengers Koreaに出場し、SummerではEEWに移籍し3位となりプレイオフに進出し1部に昇格しました。

2017年からは日本のチーム7hに移籍、日本LoL1部リーグSummerでは3位となりました。

2018年のSummerでは3か国目のトルコのチームYCに移籍します。

2019年には再び日本に戻りV3でプレイし、翌年の2020年に選手を引退し、同じく日本のチームRJのコーチとなりました。

残念ながら現在も所属チームは決まっていないようです😭

Savage選手のTwitterは?

Savage選手のTwitterはあまり自分から発信することはありません。

しかしV3時代にチームメートとなったPaz選手にはよく絡みにいってはダルがらみをしたり、お互いに馬鹿にするような感じで仲良く遊んでいます

Savage選手がプレイするLeague of Legendsを紹介!

世界で一番遊ばれているとされているアメリカのRiot Gamesが開発運営するPCゲームで、世界的なe-sportsタイトルとして扱われており、“The Esports Observer”が発表したランキングでは5期連続(1年以上)全世界で最も影響力のあるe-sportsタイトルとなっています🎮

2018年のWorld Championship(WCS)と言われる世界大会の賞金総額は7億2000万円、優勝賞金は2億6000万円でした🏆

チャンピオン

5対5で対戦するゲームで戦略に合わせてチャンピオンと言われる特色やスキルが異なる154体のキャラクターから操作するキャラを選択します。

またユニバースというチャンピオンのバックストーリー(小説やマンガ、映像作品等)も作りこまれており、ゲーム本体よりもユニバースを楽しむプレイヤーも多くいます。

チャンピオンのスキンも多く作られており、スキン専用のストーリーも存在しています。

LJL

LJLは日本のLoLプロリーグで、吉本興業が運営に協力をしています。

LJLは現在DFM、V3、RJ、戦国ゲーミング、Rascal Jester、Burning Core、ソフトバンクホークスゲーミング、AXIZ(日本テレビ傘下)の8チームが参加しています。

SpringとSummerの2シーズンからなり、優勝したチームはそのシーズンに開かれる世界大会に参加することができます。

ちなみに2019年の各スプリットの優勝賞金は1000万円でした🏆

Savage選手の実績を紹介

Savage選手の実績を紹介します

最高到達ランク2018年 チャレンジャー(韓国サーバー)
WaY(韓国)時代
CK 2016 Spring 8位
EEW(韓国)時代
CK 2016 Summer 3位
7h(日本)時代
LJL2017 Spring 5位(途中出場)
LJL2017 Summer 3位
LJL2018 Spring 6位
YC(トルコ)時代
TCL2018 Summer 7位
V3(日本)時代
LJL2019 Spring 6位(途中出場)
RJ(日本)コーチ時代
LJL2020 Spring 4位

Savage選手のプレイスタイルを紹介!

本来Jungleは森のモンスターを狩って経験値を稼ぎ、レベルを上げるのが本来の動きですが、Savage選手は各レーン(TOPレーナ―、MIDレーナ―、BOTレーナ―)と一緒に敵チームのチャンピオンを倒して経験値を稼ぐタイプのJunglerです❗️

ゲームの早い時間にガンガン敵チャンピオンを倒すことで対面チャンピオンとのレベル差をつけてゲームを終わらせることが得意で、チームを自分自身の力で勝利に導きます。

特にTOPレーンに顔を出すことが多く、V3時代のTOPレーナ―であるPaz選手とコミュニケーションを取ることも多かったでしょうから仲がいいのも納得です。

そら
そら
相手チームからすると積極的に倒しに来るわけだから、脅威に感じてただろうな~

Savage選手が所属していたプロゲーミングチームRascal Jesterを紹介

Savage選手が所属していたRascal Jesterは2013年に結成されたプロe-sportsチームです。

League of LegendsのチームPeachServer Allstarsとして活動していたチームが前身となっています。

Rascal Jesterに所属していたLoLプレイヤーはコーチングで成果を出す傾向があり、2020年の高校生向けe-sports大会STAGE:0のLoL部門トップ4のコーチ“Lillebelt選手”、“Yuki選手”、“iSeNN選手”、“alleycatt選手”が全てRascal Jester出身という代理戦争状態になったことがあるほどです

またLoL部門の練習生として日本初めての女性選手N高のshakespeare選手が所属していることでも有名です😍

現在のRascal JesterはLoLとPUBGの2部門を所有しており、Rascal JesterのPUBG部門も昔からプロリーグに出場しては結果を出している強豪です。

そしてRascal Jesterの元オーナーの大川孝行さんはRascal Jesterのオーナーを退任後、配信技術研究所のCOOとしてe-sportsに関わっています。

Savage選手についてまとめ

Savage選手はLoLのJunglerとして2016年からプロゲーマーとして活動し、韓国、日本、トルコと複数の国で活躍しました!
去年はプロプレイヤーを引退し、コーチとしても活動していました。

Savage選手はTOPやMID、BOTに顔を出して敵を倒し早い段階でゲームを決めるプレーが得意です✨

Savage選手がシーズン途中から参加することも多かったのはいくつもの国でプレーしてきた経験や器用さがあったからかもしれません。

Savage選手のTwitterは現在V3所属のTOPレーナ―のPaz選手への返信が多く、仲が良いようです。

今回eスポで紹介したSavage選手の過去のプレーをYoutubeでチェックしておきましょう!

そら
そら
最後まで読んでくれてありがとう~、別の記事も読んでみてね~

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!
関連記事一覧