ゲーム配信のノウハウ

ゲーム配信で人を集める方法を解説!プラットフォーム別の特徴も紹介

ゲーム配信で人を集める方法について

最近はWeb上の様々なプラットフォームで配信活動が可能になり、ゲーム配信をおこなったことのある方も多いでしょう。

しかしその分、配信をしても全く人が来ないと嘆いている方も多いはず。

そこで今回eスポでは、ゲーム配信で人を集める方法について以下の見出しで紹介します。

  • ゲーム配信で人を集める方法を7つ紹介
  • 配信プラットフォームごとの特徴について
  • ゲーム配信で人気者になりたいなら「21LIVE」

残念ながら、急に人気配信者になれるような裏技は紹介していませんが、一つ一つを積み重ねていけばきっと効果が出るはずです。

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

ゲーム配信で人を集める方法とは?

ここからは、ゲーム配信での集客のコツを7つ続けて紹介します。

言われれば当たり前のことではありますが、活動中はおろそかになりやすい部分もあるので、常に意識するようこころがけてください。

新作のゲームをプレイする

手っ取り早く人を集めたいのであれば、発売前から注目されている新作ゲームをいち早くプレイするのが確実です。

ゲームの購入を迷っている人はプレイ動画を参考にしたいと考えるケースも多いでしょうから、言い方は悪いですが配信の質に関わらず視聴数を稼げる可能性が高いです。

視聴数は一過性のためファンは付きづらい方法ではありますが、認知してもらうためには有効なやり方でしょう。

ただ、特にRPGなどストーリー性のある新作ゲームにおいては、配信可能な範囲がメーカーによって制限されている場合もあります。
ルールは決して破らないようにご注意ください。

配信をする前に告知をする

配信前の告知で宣伝をおこなうことも非常に有効です。

告知にはTwitterなどのSNSを使いましょう。
有名な配信者も、ほぼ必ずSNSを併用してツイート等で告知をしているはずです。

SNSに興味が無いという方も、本気で人を集めたいのであればアカウントの作成をおすすめします。

可能であれば日常的にゲームに関する投稿をしておくと、ゲーム好きが普段から集まりやすくなるので、さらに効果的です。

配信する時間を考慮する

インターネットの利用時間帯としては、学校や仕事が落ち着き、家でくつろいでいる20時~24時あたりがピークと言われていますので、その時間帯に配信をおこなうことで集客が期待出来ます。

ただ、そのタイミングは他の配信者も活動をしていることが予想されますので、視聴者のターゲットによってはあえてずらすのも1つの手です。

例えば子供をターゲットにしている場合は、夜遅くよりも夕方18時ぐらいの方が効果的かもしれません。
また、主婦をターゲットにしている場合は、競合の少ない平日の日中の方が集客に繋がる可能性があります。

当然あなたの生活リズムもあるため調整は難しいかもしれませんが、「準備が出来次第すぐ配信をする」といったやり方は避けましょう。

テロップを活用する

ここからは、一度来てくれた視聴者を逃さないようにする工夫です。

特に長時間配信では起こりがちですが、視聴者が配信を途中から見た時に今、何をやっているのかよく分からないという状況に陥って、すぐに離脱してしまうケースがよく見られます。

これを解消して視聴者に分かりやすい配信を目指すためには、配信画面にテロップを付けることが効果的です。
画面の下などに説明テキストが流れている光景を見たことがある方もいるのではないでしょうか。

一度やり方を覚えてしまえば、さほど手間になる作業ではないので、補助ツールとして検討してみてください。

適切なコメントを拾う

多少なりとも人が集まるようになってきたら気にしたいのが、コメントの選び方です。
拾うコメントによって配信の雰囲気が大きく変わることもあるので、十分注意してください。

基本的には、自分と意見の合うコメントを拾っていくのが安全です。
あえて対立意見を拾ってトークを盛り上げるテクニックもありますが、場が荒れやすいので初心者にはおすすめしません。

また、配信者がコメントを1つ拾うと、視聴者は「自分のコメントも拾ってもらいたい」という欲が発生し、拾われたものと同じ様なコメントをしやすくなっていきます。

裏を返せば、こういうコメントがもっと増えてほしいと思ったものを拾うようにすれば配信の雰囲気をコントロールしやすくなるでしょう。

定期的な配信活動を行う

配信は可能な限り「毎週○曜日」「○○時からスタート」など、曜日や時間帯を決めて定期的におこないましょう。

定期的な配信活動をすることによって、視聴者は配信を見ることがやがて習慣になります。

一度習慣になったことを止めるのは誰しも強い抵抗感を受けるため、ここまで来れば毎回告知を見なくても配信に足を運んでくれるようになるでしょう。

ただし、曜日や時間帯が定着した後に変更や休みを続けると、その度に視聴者の不満が溜まっていくというリスクもあります。
必ず無理なく続けられるスケジュールでおこないましょう。

毎回の配信で小さな改善を少しずつ行う

最初のうちは毎回、慣れてきてからも数回に1回程度は配信の振り返りをおこなうようにしましょう。

自分の配信を見るのが恥ずかしいという方も多いと思いますが、どうにか耐えてください。
視聴者の目線で自分の配信を見てみると、気付ける部分が絶対にあるはずです。

改善点を見つけたら、次回の配信で直すことを目標にしましょう。
1度に何個も直そうとすると混乱するので、配信ごとに1つでも大丈夫です。

改善点がある程度修正出来たと思ったら、また自分の配信を振り返って新たな改善点を探してみてください。

ゲーム配信で人を集める際のプラットフォームごとの特徴について

ゲーム配信と言われたら真っ先に思い浮かぶのはYouTubeかもしれませんが、他にも配信のためのプラットフォーム(アプリ・サイト)は数多く存在しています。

配信者の性格や配信するゲームによってはYouTube以外のプラットフォームを利用した方が効果的な場合もありますので、特徴を1つずつ見ていきましょう。

Youtube

まずは圧倒的な利用人数を誇るYouTubeから紹介します。

動画・生配信どちらも楽しめる上、生放送はアーカイブを自動で残してくれるため、初心者でも使いやすく伸びた時の爆発力も期待できるプラットフォームです。

一方、最近では芸能人なども参入してきて新規から視聴者を伸ばすのは厳しい環境になりつつあります。

収益化を狙う場合には「チャンネル登録者1,000人以上」「直近1年間の総再生時間4,000時間以上」という条件も高いハードルとなるでしょう。

Twitch

Amazonが提供し、ゲーム配信が大部分を占めているプラットフォームがTwitchです。

YouTubeに比べればゲームに詳しいコアなユーザーが多いイメージもあり、幼稚な荒らしコメントが少なくコミュニケーションが取りやすいです。

また、収益化の条件も「過去30日間で7日以上配信をしている」「過去30日間で平均視聴者数が3人以上」などで、やる気さえあれば満たしやすいものになっています。

日本人があまり多くないのがデメリットですが、今後日本でも伸びていく可能性は十分あるでしょう。

OPENREC

サイバーエージェントの関連会社が運営しているゲーム配信特化プラットフォームがOPENRECです。

ゲーム配信に特化しているだけあって「ゲームタイトルでの配信検索」などが出来るようになっているため、コアなファンが集まりやすいです。

以前は配信を始める条件となっていた審査も現在(2021年11月)は無くなっているので、活動のハードルもだいぶ下がっています。

また、競技系のゲームにユーザーが集まりやすいので、FPSやスポーツなどを得意としている方に向いているサイトです。

ニコニコ動画

日本ではYouTubeより前にゲーム実況文化を生み出したのがニコニコ動画です。

現在は多くの実況者がYouTubeを主戦場にしていますが、古くからの根強いファンたちは今も残り続けており、当時のネタや独特のノリが継承されています

何だかんだ言っても日本国内では人気のある動画・配信サイトなので、以前から知っていてノリが合うという方であれば、ここでゲーム配信にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

Mildom

Mildomは2019年にサービスが開始された比較的新しい配信サイトなので、新規で参入する人にもチャンスが大きく残されているプラットフォームです。

人気配信者になれば時給や固定給でお金が入ってくる仕組みもあり、他の配信サイトとは違う面白さも持っています。

一方、ゲームメーカーと折り合いがつかずに一部配信が禁止されているタイトルがあるなど、やや不安を残している面もあります。

参入はハイリスク・ハイリターンといった印象です。

ゲーム配信で人気者になりたいなら「21LIVE」

21LIVE 21LIVE

上の見出しでは多くの配信プラットフォームを紹介しましたが、最後に今後の伸びが期待されるおすすめプラットフォームを1つ紹介します。

そのプラットフォームの名前は21LIVE(ニーイチライブ)と言い、2021年7月に開始されたばかりのライブ配信サービス21LIVEです。

ゲーム配信に特化したサービスではありませんが、好きなことや得意なことを題材にして、スマホ1つで手軽に始められる仕組みになっています。

今後どのように発展していくのは未知数ではありますが、一番のポイントは出来たばかりのサービスという点でしょう。

YouTubeやニコニコ動画のように人気実況者が飽和してしまっているプラットフォームとは違い、今なら誰にでもチャンスがある状況です。

登録は簡単なので、気になる方は今からチェックしてみてください。

\ 登録はメールアドレスだけ! /

21LIVEでライブ配信をしてみる!

ゲーム配信で人を集める方法についてまとめ

今回eスポでは、ゲーム配信で人を集める方法について紹介してきました。

  • 新作のゲームをプレイしてまずは注目を集める定期的な配信活動を行う
  • 配信をする前にTwitterなどのSNSで告知をする
  • 配信する時間は20時~24時の間が鉄板だが、ターゲットによってはずらすのもあり
  • 何をやっているのか分かりやすいように、テロップを活用するなどの工夫を
  • 今後も増えて欲しいと感じたコメントを拾う
  • 曜日や時間帯を決めて定期的な配信をする
  • 自分の配信を振り返り、毎回1つでも改善をし続ける
  • 配信プラットフォームは特徴を頭に入れてから選ぶこと
  • 今からゲーム配信をするなら21LIVEもおすすめ

やりたいゲームを決める → 適したプラットフォームを選ぶ → 人を集める方法を実践する
という順番で進めれば、混乱が少なく済むはずです。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!

「eスポ公式ツイッター」をフォロー!

eスポでは、Twitterアカウントを運営しています!

毎日オススメの記事の紹介や、様々なゲーム・eスポーツの最新情報を発信しています!

「いいね!」や「フォロー」をぜひお願いします✨

関連記事一覧