ゲーム業界への転職・就職

クリエイターの仕事に適性がある人とは?必要な能力なども紹介!

クリエイターの適正について

クリエイター職に憧れを抱く方も多いです。

クリエイター職は幅広い職種があり自分だけでもの作りをする、全体をまとめるクリエイターの職種もあります。

eスポではクリエイター職に適性がある人や適正がない人、能力についてご紹介します。

  • クリエイターとは
  • クリエイターの職種について
  • クリエイターの求められる能力とは
  • おすすめの専門学校は?

クリエイターになりたい方は、どんなクリエイター職があるのかなども紹介しているので参考にして下さい。

さくら
さくら
クリエイターについて知りたい方は最後まで読んでね✨

クリエイターとは?

クリエイターという職業は自分の能力やスキルを活用して目に見える形にする職種の事です。
クリエイターには様々な職種があり大きく分けると、芸術分野やゲーム分野、IT分野、文筆分野です。

クリエイターは自分でもの作りをするクリエイターと全体をまとめるプロデューサーがいます。

芸術、文筆分野なら編集者や映画監督、テレビ番組のプロデューサー、ゲーム分野ならゲームプランナーやゲームプロデューサー、IT分野はWebプロデューサーやコンテンツマネージャーが全体をまとめるクリエイター職になります。

さくら
さくら
クリエイターと言っても様々な職種があるね!

クリエイターの職業の例

クリエイターの職種は様々な分野があり仕事の内容も変わります
いくつかの職業の例をご紹介します。

グラフィックデザイナー・CGデザイナー

専用のソフトを使いグラフィックを作成する仕事です。

CGデザイナーは2次元や3次元のグラフィックがあり、アニメーションやゲームだけじゃなくデザイン作品や図面など幅広い分野で活躍しています。

カメラマン

カメラマンは芸術分野のクリエイター職です。
写真の撮影が主な仕事内容ですが、内容は幅広いです。

報道や商業写真、自分の作品で個展を開く、クライアントからの依頼を受けて撮影するなど様々な仕事があります。

ライター

ライターは分筆分類に分類されるクリエイター職です。

webコンテンツや雑誌など、クライアントからの依頼で文章を書く仕事です。
ライターは読みやすい文章を書くことを要求されます。

イラストレーター

イラストレーターも芸術分野のクリエイターです。

絵を描くことが主な仕事内容ですが、イラストレーターはクライアントの依頼に合わせて絵を描きます。

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターはゲーム分野のクリエイターです。

ゲームクリエイターはゲームに関わる職種の総称でプログラマーやキャラクターデザイン、シナリオライターなど複数の人がチームになり一つのゲームを作り上げます。

「クリエイターとデザイナーの違い」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイターとデザイナーの違いとは?
「クリエイター」と「デザイナー」の違いは?仕事・職種などで比較!企業では同じように、ものづくりに関わる仕事をおこなっているクリエイターとデザイナー。 クリエイターとデザイナーは、イメージ的になん...

クリエイターの仕事に適性がある人の特徴

クリエイターには様々な職種がありますが、特別な資格が必要なものはほとんどありません
知識や技術があればクリエイターになることができますが、仕事に適性があるか、適性がないかはチェックしておいた方が良いでしょう。

クリエイターの仕事に適性がある人の特徴をご紹介します。

物作りが好きな人

クリエイターになるための適性で一番重要になる特徴です。
どのクリエイター職でも『ものを作るのが好き』この気持ちが大切です。

才能やセンスがあっても、ものつくりが嫌いではクリエイターになることができません。

論理的な思考ができる人

論理的な思考もクリエイターには必要です。

デザインをする上で『ユーザーがどんな使い方をするのか』を知ることでより良いデザインを生み出すことができます。

センスがある人

クリエイターにはセンスも重要です。
センスは才能だと思っている方も多いですが、センスがある方は知識も豊富です。

知識があるからこそ、様々なものを生み出すことができます。
才能がないからセンスもないと思わずに、なりたいクリエイター職についての知識を深めることでセンスを磨くことができます。

色彩感覚や数学的な感性がある人

クリエイターの中でもデザイナー職の場合には色彩感覚や感性が大切になります。
この適性がないとイメージが付きにくく良いものができません。

また、数学的な感性はデザインで言うなら余白です。
この余白はロゴのデザインやグラフィックには重要になり、どのくらいの割合で余白をつけるかが大事です。

情報の取捨選択ができる人

情報の取捨選択ができる人もクリエイターに向いています。
クリエイターはセンスも大切ですが、流行など必要となる情報を取り入れて作品を作ることも多いです。

情報は沢山あり、どの情報を使うかによっても作品のできを左右します。
取捨選択はどの情報を残すか、捨てるかを考えることです。
上手くできる人はクリエイターに向いています。

自分の世界を持っている人

自分の世界を持っている人もクリエイターに向いています。
自分の世界観があるからこそ、人が思いつかないような発想をします。

自分のペースで作業を進めることもできるので作業効率も良くなります

クリエイターの仕事に適正がない人の特徴

努力次第ではクリエイターになることができます。
ですが、クリエイターの仕事に適性がないと続けることが難しいです。

適性がない人に当てはまる特徴がある方は向いていないかもしれません。

こだわりが強すぎる人

こだわりがあることはクリエイターにとって必要なこともあります。
ですが、こだわりが強すぎる人はクリエイターの仕事の邪魔になってしまうこともあります。

クリエイターの仕事には納期があることもあり、こだわりが強すぎて納期に間に合わないということもありえます。

また、チームで行うこともあるので、こだわりが強すぎて他の人には任せられないという方もクリエイターには向いていません。

勢いで物事を進めてしまう人

営業や接客業など勢いで進められる職種もありますが、クリエイター職は勢いでは進めることができません。

特に勢いで仕事を進めれば雑な作品になってしまい、クライアントからも適当な仕事だと思われないためにも丁寧に行わなければいけません。

クリエイターは自分の仕事が残ります。
冷静に考えて進めることが前提で勢いで物事を進めてしまい、雑な仕事しかできない方は向いていません。

クリエイターに求められる能力

クリエイターになるためには国家資格が必要になる職種はほとんどありません。
ですが、クリエイターになるのなら求められる能力があります。

クリエイターを目指すなら求められる能力についてもチェックしておくと有利になることもあります。

さくら
さくら
クリエイターを目指すのなら求められる能力はチェックしよう👀

知識

知識が必要な職種も多いです。
国家資格などが必要なクリエイター職はほとんどありませんが、ゲーム業界やITなどは専門知識が必要です

初心者でも知識があればなることができる職業が多いので、なりたいクリエイター職があるのなら、どんな知識が必要になるか事前に調べておきましょう。

コミュニケーション能力

クリエイターの職業は個人で行うこともありますが、チームで行うこともあります。
仕事が円滑に進むようにコミュニケーション能力が必要になります。

また、自分の伝えたいことを具現化し作品にすることもあるので人と話すことが嫌な方や一人で作業をしていたい方には向いていないかもしれません。

論理的思考力

プログラマーやグラフィックデザイナーは論理的思考力を求められます。
作られたグラフィックキャラクターが円滑に動くか、プログラムが適切に動くかなどに論理的思考力が必要です。

特にプログラマー職は論理的思考力の他にも数学や物理学の知識も必要です。

クリエイターとしての適性アップなら代々木アニメーション学院!

代々木アニメーション学院

クリエイターになるために専門学校に行く方も多いです。
中には独学で学んでクリエイターになる方もいますが、クリエイターに早くなりたい方は専門学校へ通うのが近道です。

数ある専門学校の中でもおすすめなのは代々木アニメーション学院です。
代々木アニメーション学院は現役で活躍するプロの講師から実践に役立つスキルや技術を学ぶことができます

カリキュラムは現役のクリエイターが監修した実践的なものが多く、基礎からデビューに必要なものなど、しっかりと身につけられ、しっかり学べるだけじゃなく楽しい、やりがいがある内容です。

現場目線でのカリキュラム内容は就職後にも役立ちます。
技術だけじゃなく、クリエイターになるための心構えの習得もできます。

就職に有利になるサポートも充実しています

代々木アニメーション学院については、資料請求でGETできるパンフレットをご覧いただくのがオススメです!

「代々木アニメーション学院の評判や口コミ」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、eスポでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは? ...

クリエイターの仕事の適性についてのまとめ

eスポではクリエイター職に適性がある人や適正がない人、能力について紹介しました。

  • クリエイターとは自分の能力やスキルを活用して目に見える形にする職種
  • クリエイターの職種には芸術分野、ゲーム分野、IT分野、文筆分野の職種がある
  • クリエイターに求められる能力は知識、コミュニケーション能力、論理的思考力がある
  • クリエイターにおすすめの専門学校は代々木アニメーション学院

クリエイターは国家資格が必須なものはほとんどありません。
適性や知識、能力や技術があれば経験がなくても目指すことができます。

適性がない人の特徴に当てはまっていても、好きな仕事なら努力で乗り越えることも可能です。
適性がないと、人よりも努力をしなければいけない、努力が報われずに嫌な思いをすることも多くなります。

クリエイター職は幅広いので仕事に就きたい方は適性診断などを参考にしてみると自分に向いているクリエイタータイプの仕事が見つかるかもしれません。

さくら
さくら
最後まで読んでくれてありがう!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!

「eスポ公式ツイッター」をフォロー!

eスポでは、Twitterアカウントを運営しています!

毎日オススメの記事の紹介や、様々なゲーム・eスポーツの最新情報を発信しています!

「いいね!」や「フォロー」をぜひお願いします✨

関連記事一覧