ゲーム業界への転職・就職

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの違いは?年収・スキルなど比較

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの違いは?

グラフィックデザイナー、WEBデザイナーと聞いてどのような仕事であると思い浮かべますか?

どちらも、何かしらのコンテンツのデザインをする仕事と思い浮かべる方は多いかもしれませんが、詳しい違いまで知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか

今回eスポでは、グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの違いについて以下の内容をご紹介します。

  • グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの仕事内容の違い
  • グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの年収の違い
  • グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの必要なスキルの違い
  • グラフィックデザイナーとWEBデザイナーそれぞれのメリット

他にも、スキルの身に付け方や仕事の探し方などをご紹介します

さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください!

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの仕事内容の違いは?

グラフィックデザイナーは、ポスターやチラシなど、紙媒体のデザインを行い、Webデザイナーは簡単に言うとウェブサイト(ホームページ)のデザイン・作成を行います。

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーの仕事は、紙媒体、印刷物へ写真やイラスト、図や文字などのグラフィック要素を用いてデザインをすることです。

媒体は、ポスターやチラシ、看板、新聞、雑誌、商品パッケージなど多岐にわたります。

主に広告代理店で他の企業や外部のクライアントの依頼に応じてデザインをする、企業の広報部等で自社の広報のコンテンツを作る、自社の商品等のパッケージデザインをするという仕事が主流です。

WEBデザイナーの仕事

WEBデザイナーの仕事は、文字や写真などのグラフィック要素を組み合わせてデザインを行うことはグラフィックデザイナーの仕事と同じです。

WEBデザイナーの仕事には、そのデザインをパソコンやスマートフォンなどのデジタル媒体でWEBサイト(ホームページ)として表示できるようにするための作業も含まれます。

WEBサイトを作るための知識と技術が必要です。

WEBデザイナーは、企業、団体、個人などのクライアントから依頼を受けてWEBサイト等を制作するのが主流です。

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの年収の違いは?

グラフィックデザイナーの平均年収は、330万円ほどとなっています。

その他デザイナーなどクリエイティブな職種の平均年収は380万円となっているため、やや低めです。

WEBデザイナーの平均年収は、360万円ほどとされています。

こちらも、クリエイティブ業界ではやや低めですが、グラフィックデザイナーよりは高いですね。

最近は、デジタル化が進み、紙媒体よりもデジタル媒体の方が需要があるためこのような結果になっていると思われます。

また、WEBデザイナーは、デザインの能力・技術だけでなくWEBサイトを作る技術も必要であるため、そういった面でもグラフィックデザイナーよりも平均年収が高くなっています。

下記の記事では、グラフィックデザイナーの年収についてより詳しく紹介しています!

グラフィックデザイナーの年収はいくら?
ゲームグラフィックデザイナーの年収は?地域・年齢・職業形態別に紹介ゲームグラフィックデザイナーは、ゲームに登場する全てのデザインを担当する、ゲーム制作チームの中でも重要な存在です。 世界観に没入さ...

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーで必要なスキルの違いは?

続いて、グラフィックデザイナーとWEBデザイナーに必要なスキルの共通点、相違点をご紹介します。

グラフィックデザイナーに必要なスキル

Photoshopやillustratorなどのソフトを使いこなす知識や技術、センスなどはもちろん必要ですが、フォントや写真、色彩などの専門知識も必要です。

媒体のサイズが決まっている場合が多いため、決められた面積の中で見やすく、ニーズに沿ったデザインを考える必要があります。

また、グラフィックデザイナーは紙媒体へのデザインをする仕事です。

印刷された後の仕上がりを考えてデザインをしなければなりません。

したがって、紙やインクの種類による発色の違いなど印刷についての知識も必要になります。

「スキル」というよりも多くの「知識」が必要言った方が良いかもしれません。

下記の記事では、グラフィックデザイナーにオススメの資格について紹介しています!

グラフィックデザイナーにオススメの資格
グラフィックデザイナーに有利な資格5選!独学の方法も紹介!クリエイティブな職業の代表格でもあるグラフィックデザイナーは、壁に貼られているポスターや商品のパッケージなど、日常と密接に関わっている職...

WEBデザイナーに必要なスキル

WEBデザイナーも、グラフィックデザイナーと同様に専用ソフトを使いこなせる必要もありますし、フォント、写真、色彩などの専門知識も必要です。

WEBデザインはサイズは決められていない場合が多いです。

そして、WEBデザイナーに必須なスキルがコーディングのスキルです。

コーディングとは、デザインしたものをデジタル媒体で表示できるように再現する作業です。

そこで、HTML、CSS、JavaScriptなどの知識も必要になってきます。

グラフィックデザイナーのように印刷後の仕上がりを考える必要はありません。

しかし、デジタル媒体の画面となると薄い色や淡い色もきれいに発色しても、濃い色を使いすぎるとチカチカしてしまうので、その点の考慮は必要です。

また、WEBサイトとなるとユーザーの使いやすさを最大限に考慮する必要があります。

このように、グラフィックデザイナーとWEBデザイナーは必要なデザインスキルは同じですが、WEBデザイナーに関してはコーディングスキルが必要になります。

逆に言えば、グラフィックデザインのスキルがある人は、コーディングを身に付ければWEBデザイナーの仕事をすることが出来ます。

目指すならグラフィックデザイナーとWEBデザイナーのどちらがオススメ?

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの仕事内容や必要なスキルについてご紹介してきましたが、では目指すならどちらが良いのでしょうか?

それぞれの将来性にも触れながら解説していきます。

グラフィックデザイナーのメリット

グラフィックデザイナーのメリットは、給与面で豊かになる可能性が高いということです。

大手広告代理店等は、グラフィックデザイナーを正社員として採用しています。

したがって、採用されれば収入が安定するでしょう。

また、企業によってはスキルや業績、勤続年数で昇給することがあるため、実力次第でより豊かになります。

また、ポスターやチラシ、商品パッケージのデザインに携わると、自分の作品が世の中に流通しているのを見て達成感を感じる人も多いようです👀

WEBデザイナーのメリット

近年、紙媒体からデジタル媒体への移行が著しく進んでおり、それに伴ってWEB業界も拡大しています。

したがって、今後、グラフィックデザイナーよりも、WEBデザイナーの方が需要が高まると考えられます。

また、WEBサイトを作る際は、ユーザーの使いやすさを最大限考慮して作る必要があります。

そのため、ユーザーの傾向を把握するなどのマーケティングのスキルも身に付きます。

マーケティングスキルはキャリアアップや転職の際に非常に有効なスキルです✨

したがって、マーケティングスキルが身に付くことも、WEBデザイナーの大きなメリットであると言えます。

このように、グラフィックデザイナー、WEBデザイナーそれぞれにメリットがありますが、将来性を重視するのであれば、WEBデザイナーがおすすめです。

さくら
さくら
確かに、近年紙媒体のものが減ってきていますもんね!

グラフィックデザイナー・WEBデザイナー両方のスキルを身に着ける方法

グラフィックデザイナーのやWEBデザイナーに必要なスキルはもちろん独学でも身に付けることが出来ます。

しかし、専門のスクールに通うことで、専門的、実践的な知識やスキルを習得することが出来たり、実践的な演習を行えることもあります。

グラフィックデザイナーとWEBデザイナー両方のスキルを基礎から身に付けたいと考えている人は、スクールで学んだ方が効率よく身に付くでしょう。

また、独学よりも、スクールに通った方がモチベーションの維持はしやすいかと思います👀

下記の記事では、未経験からグラフィックデザイナーになる方法について紹介しています!
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください!

未経験からグラフィックデザイナーになるのは厳しい?
未経験でグラフィックデザイナーになるのは厳しい?3つの道を紹介数々のデザイナーの中でも、新聞や広告などのデザイン制作を中心に行うのがグラフィックデザイナーです。 ですが、未経験からグラフィック...

グラフィックデザイナー・WEBデザイナーになるならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

グラフィックデザイナー・WEBデザイナーとして仕事を探したい方は、マイナビクリエイターというサービスがオススメです。

マイナビクリエイターは、WEB・ゲーム関連専門の求人紹介サービスです。

キャリアアドバイザーからのアドバイスを受けることはもちろん、履歴書の書き方、面接対策、企業との条件調整までかなり手厚いサポートを受けることが出来ます。

非公開の求人情報を紹介してもらえることもあります。

クリエイティブな職に就く際に欠かせないのがポートフォリオですよね。

なんと、マイナビクリエイターには、無料でポートフォリオを作成してもらえるサービスまであるのです。

また、未経験の求人もたくさんあるので、未経験の方も安心してご利用いただけます。

グラフィックデザイナー・WEBデザイナーになることを考えている方は、ぜひ登録してみてください✨

\ 所有時間は!60秒だけ! /

「マイナビクリエイター」に申し込む!

eスポでは、マイナビクリエイターの評判や口コミを調査した記事があるので、参考にしてみてくださいね。

マイナビクリエイター
【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの違いについてのまとめ

今回eスポでは、グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの違いについて以下の内容をご紹介しました。

  • グラフィックデザイナーは紙媒体へのデザイン、WEBデザイナーは、ホームページ等のデザイン・制作を行う
  • 年収はWEBデザイナーの方が若干高い
  • グラフィックデザイナー、WEBデザイナーそれぞれに必要なスキルがある
  • 今後はWEBデザイナーの需要が高まるとされる

デザインという面では変わりはありませんが、WEBデザイナーはWEBサイトを制作するスキルが必要になります。

しかし、今後WEBデザイナーの需要が高まってくると思われるので、グラフィックデザインのスキルに加え、WEB制作のスキルも身に付けておくと役立つかもしれません

そして、グラフィックデザイナー・WEBデザイナーとして働くことを考えている方は、ぜひ、マイナビクリエイターに登録してみてくださいね。

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!

「eスポ公式ツイッター」をフォロー!

eスポでは、Twitterアカウントを運営しています!

毎日オススメの記事の紹介や、様々なゲーム・eスポーツの最新情報を発信しています!

「いいね!」や「フォロー」をぜひお願いします✨

関連記事一覧