ゲーム配信のノウハウ

Switchでゲーム実況する方法を徹底解説!必要な機材も紹介!

任天堂SWITCHでゲーム実況するやり方を解説!

Switchのゲームソフトには面白くて魅力的な作品がたくさんあり、Switchを使った実況動画の投稿や配信を行っている実況者は多いですよね。

自分も実況をしてみたいけどやり方がよく分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回eスポでは、Switchでのゲーム実況のやり方について、以下の内容を紹介していきます。

  • Switchのゲーム実況に必要な機材とおすすめの製品
  • Switchのゲーム実況のやり方
  • ゲーム実況者を目指す方におすすめの学校
  • Switchのゲーム実況時にあると便利な物
  • Switchでゲーム実況を録画する際の注意点

これからSwitchでゲーム実況をやってみたいという方にぴったりの内容となっております。

まつたろー
まつたろー
最後まで読むことを推奨します。

Switchにゲーム配信機能はないのでPCが必要

まず前提として、Switch本体にゲーム配信機能はありません

ちなみに、Switch本体のキャプチャーボタンを長押しすることで最大30秒のビデオの録画はできますが、時間が短すぎるため実況動画や配信には向いていません。

ですので、本格的にSwitchでの実況動画の録画や配信を行いたいという方は、パソコンを使用しましょう。

どのパソコンがおすすめなのかについても、この記事の中で紹介していくので是非ご覧ください。

Switchのゲーム実況に必要な機材

Switchでのゲーム実況動画の録画や配信を行うにあたって、どのような機材が必要なのか気になりますよね。
こちらでは、揃えておく必要のある機材とおすすめの製品を紹介していきます。

Switch

まず、Switchのゲーム実況なので、当然ですがSwitch本体が必要です。

ただし、Switch LiteではHDMI出力ができず、実況動画を撮ることができないのでご注意ください。

ですので、これから購入する方でゲーム実況動画の録画や配信をする予定のある方はSwitch Liteは避け、Switchを購入するようにしましょう。

Switch Liteしか持っていない方は、ゲーム実況をしたいのであれば、新たにSwitchを購入する必要があります。

パソコン

先ほど書いたように、ゲーム実況の配信や録画を行うためにはパソコンが必要です。
パソコンはゲーム画面の録画から編集、投稿までのゲーム実況における重要な作業に使用します。

デスクトップとノートパソコンどちらでも使用できます。

Switchを使った実況であれば、ゲームをSwitch本体の方で起動するので、ゲームの起動もパソコンで行うPCゲームの実況より、パソコンへの負担が少ないため、それほどスペックが高いものでなくても問題ありません。

これからパソコンを購入する方は、ご自身の実況したいゲームの範囲を考慮して、その範囲に対応可能なスペックのものを選ぶとよいでしょう。

Pavilion Gaming Desktop TG01はゲーム実況をするのに適した性能のデスクトップパソコンで、これからゲーム実況をするためにパソコンを購入する方におすすめです。

キャプチャーソフト

使用するパソコンを決めたら、そのパソコンにキャプチャーソフトをインストールしましょう。
キャプチャーソフトとは、ゲームの録画を行うのに必要なソフトです。

キャプチャーボードを購入すると、そのメーカーのキャプチャーソフトが付属していることも多いです。

キャプチャーソフトが付属していなかったり、付属しているものとは別のソフトを使用したい場合は、他にも様々なソフトがあるのでそちらを使用しても問題ありません。

有料のものもありますが、無料でも高性能のものがあるので、まずは無料のものを試してみてはいかがてしょうか。

おすすめのキャプチャーソフトはOBS Studioです。
こちらのソフトは無料で高性能かつ広告も出ないので非常に使いやすいと思います。

Windows、Mac、Linuxですばやく簡単にインストールして配信を開始できます。
インストールはこちらのサイトから行えます。

Switch対応のキャプチャーボード

キャプチャーボードは、ゲーム画面をパソコンで録画、配信するために必要になります。

キャプチャーボードには様々な種類がありますが、今回はSwitchに接続して使いたいので、HDMI端子が搭載されているキャプチャーボードを選びましょう。

HDMI端子が搭載されていれば、SwitchとキャプチャーボードをHDMIケーブルで接続することができます。

HDMI端子が搭載されていないキャプチャーボードだとSwitchと接続することができないのでご注意ください。

HDMI端子が搭載されている、Switch対応のキャプチャーボードは後ほど紹介するので是非参考にしてください。

マイク

実況動画や配信に自分の声を入れたい方は、マイクが必要になります。

パソコンにマイクの機能が付属していることもありますが、音質が悪く、自分の声以外のノイズまで拾ってしまう可能性が高いので、それとは別のマイクを用意することをおすすめします。

マイクはパソコンに接続して使用します。

ヘッドセットのタイプとスタンドタイプのものがあり、どちらも使用可能なので好みのものを選びましょう。

おすすめはaudio-technica コンデンサーマイクロホンです。
こちらは自宅録音、動画配信に最適なコンデンサーマイクで、高音質なので、音質にこだわりたい方におすすめします。

イヤホン

ヘッドセットのタイプはイヤホンを兼ねているので必要ありませんが、その他のマイクを使用する場合は、イヤホンも必要になります。

スピーカーからゲーム音を出していると、その音をマイクが拾ってしまい、ゲーム音が二重になって録音、配信されるため、聞きづらくなります。

イヤホンを使用することでこの問題を解決し、クリアな音声で配信することが可能になります。

おすすめはZAPESTのゲーミングイヤホンです。
中高音用のドライバと重低音用のドライバを使い分けているため、ゲーム内の様々な音声が聞き取りやすい仕様になっています。

Switchに対応しているキャプチャーボード

先ほど説明したように、ゲーム画面をパソコンで録画、配信するためにはSwitch対応のキャプチャーボードが必要になります。

こちらではSwitchに対応可能なキャプチャーボードのおすすめ製品を3つ紹介していきます。

GV-USB3/HD

Webカメラの映像やマイク音声を同時に記録して、ゲーム映像に合成する機能があるので、自撮りなどのワイプ映像を付けたゲーム実況動画も作成できます。

字幕やユニークなエフェクトも加えられる編集ソフト付きなのでとてもお得です。

ただし、パソコンの対応OSはWindowsで、Macには非対応なのでご注意ください。

Game Capture HD60 S

HDMIパススルー端子を搭載しており、ほぼ遅延なしでモニターに映像を表示させることができるキャプチャーボードです。

画質も1080p60fpsと高画質になっているのでおすすめです。
こちらはWindowsとMacどちらにも対応できます。

GC550 PLUS

録画・ライブ配信・動画共有をするためのソフトや、動画編集ソフトが付属しており、もちろんキャプチャーボードとしての性能も高い製品です。

ただし、対応OSはWindowsのみとなっています。

「キャプチャーボード」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

キャプチャーボード
2021|キャプチャーボード のおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】キャプチャーボードとは ゲームをよく遊ばれる方でも、キャプチャーボードという機器の名前を聞いたことがある方はあまりいらっしゃらないかも...

Switchのゲーム実況のやり方

これまで紹介した機材を揃えたら、いよいよ実況動画を撮ることができます。
こちらでは、ゲーム実況のやり方を順番に解説していきます。

Switchをドックに入れてTVモードにする

まずはSwitchをドックに装着し、TVモードにします。
携帯モードやテーブルモードだとHDMIで接続できないのでゲーム画面をパソコンに映せません。

Switchとキャプチャーボードとパソコンを繋ぐ

次に、Switchとキャプチャーボードとパソコンを繋げます。

ドックの裏側のカバーを開けると、HDMI端子があるので、HDMIケーブルを使用してSwitchとキャプチャーボードを繋げましょう。

キャプチャーボードとパソコンはUSBケーブルで繋ぐことができます。

キャプチャーソフトでSwitchのゲーム画面を録画する

次に、キャプチャーソフトを起動し、Switchのゲーム画面が映ることを確認したら、マイクやイヤホンなど必要な機器をそれぞれ接続し、マイクの音がきちんと録音されるよう設定を行います。

画質の設定ですが、Youtubeの動画ビットレート範囲は4,500~9,000Kbpsとなっているので、パソコンのスペックにもよりますが高画質にするためには、映像ビットレートは9000Kbpsに設定しましょう。

あとは、お好みでサムネイル画像を用意しておくと便利です。
準備が整ったら録画ボタンをクリックしてゲーム実況を撮っていきましょう。

キャプチャーソフトを使ってYouTubeで配信する

録画ではなく、配信を行いたい場合は、配信サービスの設定もする必要があります。

サービスによって異なりますが、今回は定番のYoutubeでの配信を想定して説明します。

まず、キャプチャーソフトとYoutubeを連携しましょう。
連携にはストリームキーが必要になります。

ストリームキーは、Youtubeにログインし、右上に並んでいるアイコンの中からビデオマークをクリックし、「ライブ配信を開始」→「今すぐ開始」→「ストリーミング ソフトウェア」の順番でクリックしていくと確認することができます。

連携ができたら録画のときと同じように実況を撮る準備をします。
配信する準備が整ったら、配信開始ボタンを押すとYoutubeでライブ配信を行うことができます。

Switchのゲーム実況時にあると便利な物

これまで実況を行うのに最低限必要なものは紹介しましたが、ここからはあるとより実況の撮影が充実するものを紹介していきます。

マイクアーム

USBマイクを使う場合はマイクを固定できるマイクアームがあると便利です。

マイクに付属するスタンドを使ってもよいのですが、ゲームをしながら喋るので、自由に動かせるマイクアームを使った方が、喋りやすいように位置を調整することが容易になるので、ストレスなく実況することかできます。

ポップガードやウインドスクリーン

ポップガードやウインドスクリーンは、マイクにかかる息によるノイズが入らないようにしたり、発声時に出る唾液や、部屋の湿気など、マイクの故障の原因に繋がることを防ぐ効果があります。

実況をした時に自分の息の音が気になる方や、マイクを長持ちさせたい方は是非これらを使うようにしましょう。

Webカメラ

顔出しやバーチャルアバターを使った実況を行いたい方はWebカメラが必要になります。

パソコンにカメラ機能がない場合はもちろん、パソコンのカメラ機能より高画質で撮りたい場合も購入することをおすすめします。

Webカメラを使うことでより実況中の反応を視聴者に分かりやすく伝えることができます。

グリーンバック

グリーンバックは、顔出し実況の際に映り込む背景などを透過して、ゲーム映像と合成したい場合に使用します。

こちらを使用することで、より臨場感の出る実況を行うことができます。

Switchでゲーム実況を録画する際の注意点

ゲーム実況を録画する際の注意点として主に、著作権侵害にならないか、収益化が許可されているか、公序良俗に反する発言をしていないかが挙げられます。

著作権侵害や任天堂のガイドラインについては以下に掲載します。

Switchで任天堂のゲームのゲーム実況をする際の注意点

ゲームを実況する際に注意しておかなければならないことがあります。

法律に関わる重要なことなので、必ずご一読ください。

Switchの任天堂ゲームの著作権

当然ゲームにも著作権があるので、実況したいゲームが配信を許可されているのかどうかなどのルールを把握しておかなければなりません。

著作権違反を犯してしまわないために、必ず確認するようにしましょう。

ゲーム実況動画を作るときのガイドライン

任天堂は公式HPでゲームの動画や静止画の利用に関するガイドラインを掲載しています。
ゲーム実況動画を作る前に必ず読み、ガイドラインを守って実況しましょう。

詳しくは、ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドラインご覧ください。

まつたろー
まつたろー
ルールは必ず確認して守るようにしましょう。

「他のゲーム実況においての注意点」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム実況の注意点を伝授!
ゲーム実況の注意点5選!著作権や収益化・配信ルールについて解説!ゲーム実況は、今やたくさんの人々が取り組んでいるコンテンツです。 YouTubeやニコニコ動画でゲーム実況を始め、登録者数が100...

Switchのゲーム実況者向けのデスクレイアウト

ゲーム実況をする際にデスク周りを整えることでより捗りますよね。

デスクレイウトに拘りたい方は、ゲーミングデスクというゲーマー向けに作られたデスクを使うと、それぞれの機器を設置しやすくなります。

デスク周りを整えて快適に実況しましょう。

おすすめのゲーム実況動画編集ソフト

録画したゲーム実況を編集することで、視聴者が見やすい動画を作ることができます。
こちらではおすすめの編集ソフトを紹介します。

PowerDirector

AI技術が搭載された編集ツールがあり、編集をサポートしてくれます。

作業がシンプルになるので、編集時間を大幅に節約することができます。

Premiere Pro

Photoshop、 Illustratorなどでお馴染みのAdobeのソフトウェアです。

ツールを直感的に使えるよう工夫されており、トランジションの作成やクリップの合成などを簡単に行うことができます。

DaVinci Resolve

プロクリエイターも使っている編集ソフトで、カット編集、ビジュアルエフェクト編集、カラーコレクション(カラーグレーディング)編集、オーディオポストプロダクション編集など、本格的な編集を行うことができます。

ゲーム実況者を目指すなら代々木アニメーション学院!

代々木アニメーション学院

ゲーム実況はもちろん個人でいつでも自由に始めることができますが、始めたはいいものの、なかなか動画が伸びない、配信に人が集まらないといった状況から抜け出すのは難しいですよね。

「もっと人に興味を持ってもらえるような実況をしたい」、「有名実況者になって稼げるようになりたい」と感じている方は多いのではないでしょうか。

その夢を実現するための一つの手段として、専門学校に通いノウハウを学ぶという方法があります。

こちらではゲーム実況者を目指している方におすすめの、代々木アニメーション学院を紹介します。

代々木アニメーション学院には大学にはないエンタメ学部という学部があり、こちらにはなんとYouTuber科、eスポーツ実況科といった、YouTuberや実況者を目指す人にぴったりの学科があるのです。

ゲーム実況において大切な動画制作、編集スキルや、配信スキル、トークスキル、キャラクター作りなど、動画や配信をより良くするための様々な要素を学ぶことができます。

また、生配信実習や動画制作実習といった実践的なカリキュラムも用意されています。

このように、大学では学べない、この学校独自のユニークな講義を受けられるのが代々木アニメーション学院の魅力です。

また、専門学校に通うと他にもゲーム実況者を目指している方にたくさん出会えるので、そこからお互いに協力して動画を伸ばしたり、グループ実況をしたりすることもできるなど、個人で学ぶより可能性が広がるのでおすすめです。

代々木アニメーション学院について興味のある方は、ぜひ無料でできる資料請求をしてみてください!

まつたろー
まつたろー
代々木アニメーション学院でゲーム実況のノウハウを学べるんですね。

Switchでのゲーム実況のやり方についてのまとめ

  • Switchでのゲーム実況にはPCをはじめとし、キャプチャーソフトやキャプチャーボードなど様々な機器が必要
  • ゲーム実況のやり方
  • ゲーム実況者を目指す方には代々木アニメーション学院がおすすめ
  • マイクアーム、ポップガードやウインドスクリーン、グリーンバックがあると便利
  • 著作権やガイドラインに注意する

今回eスポでは、Switchでのゲーム実況のやり方について、以上の内容を紹介しました。

Switchでのゲーム実況を始めたい方にこの記事が参考になったら幸いです。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!

「eスポ公式ツイッター」をフォロー!

eスポでは、Twitterアカウントを運営しています!

毎日オススメの記事の紹介や、様々なゲーム・eスポーツの最新情報を発信しています!

「いいね!」や「フォロー」をぜひお願いします✨

関連記事一覧