ストリーマー

弟者のプロフィール!大塚明夫さんとの関係は?兄者とのホラーが人気!

弟者

「兄者弟者」で有名なゲーム実況グループ2BRO.は、YouTubeゲーム実況界で最もキャリアが長く、最も人気の高いストリーマーです。

今回eスポでは、そんな2BRO.の弟の方「弟者」さんについて以下の内容を紹介していきます。

  • 弟者さんのプロフィール
  • 弟者さんと2BRO.
  • 弟者さんの人気動画
  • 弟者さん参加のコラボ企画
  • 弟者さんの人柄や趣味

ゲーム実況動画の礎を築き、磨き、導き続ける弟者さんの魅力をぜひ、最後までご覧ください❗️

さくら
さくら
ぜひ最後までお読みくださいね!

弟者さんのプロフィール

ハンドルネーム 弟者(おとじゃ)
本名 不明
生年月日 1990年9月27日
年齢 31歳(2021年10月現在)
Twitterメインアカウント @Otojya
所属 2BRO. entertainment
グッズ 2BRO.STORE
YouTubeチャンネル 兄者弟者
Instagram otojya_2bro

弟者さんが所属する2BRO.は元々「兄者弟者」というハンドルネームであり、この名称は実の兄弟である2人が組んで活動するチーム名でした。

弟者個人としては、ニコニコ動画時代「@NicorasNemiri」というハンドルネームだったようですが、似た名前の方が居て、間違われないようタグに弟者と付けていたのが由来と言われています。

読み方は「おとじゃ」で、親しい方からはオトちゃんなどと呼ばれています。

日本で最も、という言葉を使われることも少なくない弟者さんの特徴は、声優の大塚明夫さんにそっくりな美声と、誰のことも悪く言わない誠実さと、より高みを臨み続ける信念の3つに特筆されることが多いようです。

結婚をしていて子供がいるのではないかという噂もありますが、どちらも公表されていません。

弟者さんと2BRO.

2BRO.さんのYouTubeメインチャンネルの登録者数は、2021年10月1日現在で303万人以上、合計視聴回数は2010年5月チャンネル開設からの約11年5ヶ月で37億5千万回再生を軽く超えています。

本動画は登録者数300万人突破の瞬間を冒頭に、記念シリーズなどの見所が満載のまとめ動画となっています。

いずれも途方もない数字ですがそれもそのはず、2BRO.さんはゲーム実況動画というジャンルそのものの先駆者であり、ニコニコ動画からYouTubeへ主戦場を移した実況者で最も成功した方とも言われている、プレイヤースキルもストリーマースキルもゼロから自分達で積み上げてきた本物の実力者なのです。

兄弟でより高品質な動画制作へ挑み続ける課程で2人体制に限界を感じ、以前から友好を深めていた編集力やデザイン力の高いおついちさんを加え、兄者弟者という名称を2BRO.へ変更、3人組ストリーマーグループとして活動を本格化させました。

当初本業が別にあったという彼らは、2015年に株式会社2BRO. entertainmentを創立しストリーマー活動に専念、既存の事務所には入らず自分達で全てまかなっています。

まだユーチューバーという言葉すら無かったころから、より高度なゲーム実況動画を世の中へ発信することに人生を捧げた弟者さんは、YouTubeチャンネル開設当時20歳前後でした。

6歳年上の実兄である兄者さんと、10歳年上のゲーム仲間のおついちさんと、若さを言い訳にせず切磋琢磨し合いながら、当時まだ誰も切り開いていなかった道を爆走したのです✨

それから10年以上の時を経てなお、どんどん新しい道へ突き進んでいく弟者さんの主戦場がこの2BRO.メインチャンネルです。

兄者さんとおついちさんがそれぞれ自身の他チャンネルを持っているのに対し、弟者さんはサブチャンネルを運営していません。

そのためか、このメインチャンネルは弟者さんが中心となっている動画が多く、弟者さん1人の単独動画も多いです。

2BRO.動画おなじみの導入も弟者さんによる「おはこんばんにちは、弟者です」という挨拶から始まり、兄弟揃う動画も「弟者、兄者の○○」というタイトルで、弟者さんの名前が先に立つ形が多いようです👀

こういった作品の構成1つとっても、彼らのこだわりや責任感、お互いを立て支え合う姿勢が見られますね。

兄者さんのプロフィールを紹介している記事はこちら!

兄者
2Broの兄者さんとは?オススメ動画や年齢、素顔をご紹介!兄者さんはYouTubeで活動されているストリーマーです。 読み方は「あにじゃ」であり、兄者さんはTeam 2broの一員としてF...

最も古い動画

この動画は2010年12月投稿のInfinity Ward開発「call of duty Modern Warfare 2」のspecial opsを、兄者弟者でゲーム実況している動画です。

2021年10月現在、YouTubeの2BRO.メインチャンネルで最古の動画がこれなのですが、兄者弟者はこれより前にもいろいろな動画を作り、投稿していました。

しかし残念ながら今現在自由に見られる動画は、これ以降のものだけのようです。

そしてサムネイルの時点でお察しかと思いますが、この年代にこの画質の実況動画は異様なレベルです。

しかも彼らの場合プレイスキルもトークスキルも当時すでに抜きん出ており、渋い美声もあいまって尋常ではない格好良さで、とても二十歳そこそこの若者とは思えない安定感すら備わっていました😍

また、この動画内で見られる弟者さんのIDは「Otojya is a Pen」ですが、これは弟者はペンという意味ではなく、「Japan」のもじりだという説明をしているインタビュー動画もあり、近年で見かけるIDには「Otojapan」というものもあります。

日本という国を思う規模の大きな意識がこの若さですでに培われていたようで、並大抵の人物像ではなさそうです。

メインチャンネル1位動画

2021年10月現在、メインチャンネルでもっとも再生されているのがこの動画です。

2014年の大晦日に投稿された総集編は、なんと700万回再生をゆうに超える記録を出しています✨

本動画は2BRO.のおもしろさがギュッと凝縮されていて、初めて彼らを知る方にはまさにおすすめの内容になっています。

コアなファンは総集編を順番に見返し、弟者さんの声の出し方の変化や、兄者さんの叫び声の種類の豊富さ、おついちさんの編集力が跳ね上がっていくようすまで、あらゆる角度から2BRO.の歩みを楽しんでいるようです。

2BRO.は3人組

Boneloaf開発の「Gang Beasts」を2BRO.水入らずで実況した動画がこちらです。

2021年10月時点で再生回数が700万回に届きそうな超大人気動画となった理由はもちろん、ゲーム自体の楽しさと話題性と、完全に子供返りして無邪気にはしゃぐ3人の絡みのおもしろさでしょう😍

あまりにも仲が良すぎて、誰と誰が兄弟で、どこからどこまでが親友なのか分からないような、もうそういった区切りに何の意味も無いような、心の底から「人間って楽しいな」と思えるような内容です。

コメント欄でも「ベストオブ元気がない時に見に来る用動画」「YouTubeでお腹が痛くなるほど爆笑したの初めて最高」と大絶賛で、リピーターも相当多いようです。

知らずにいると損した気分になるタイプの伝説級動画ですね。

GESU4とは

2BRO.の動画にはさまざまなゲストとのコラボがありますが、それとは別に常連とも言える人達が居ます。

個人のストリーマー活動はほとんどされていないメロやんさんと、自称既婚者ゲーマーちんさんが、2BRO.でやっていたシリーズがこの「ゲス4」です。

このゲスとは下種や下衆に由来しており、GUESSの方ではありません。

Valve Corporation開発「Left 4 Dead 2」やGearbox Softwareの「Borderlands」などのFPS系や、Gang Beastsのようなはちゃめちゃ対戦系を、ある意味ちゃんと楽しむシリーズ動画です。

特にメロやんさんはサブメンバーと認識されていて、2BRO.3名と同じようにアイコンイラストも用意されています👀

パーソナルカラーはピンクでいろいろな2BRO.動画に出演、ツイキャスなどでは個人の動画配信もしているメロやんさんは、年の近い弟者さんと特に仲が良く、気心の知れた安心感のある絡みが特徴です。

ちんさんは近年ではあまり露出が無く、2BRO.メンバーとはTwitter上でやり取りが見られるだけのようですが、キャラクター性がぶっ飛んでおり、ゲス4の由来のような賑やかし担当です😍

本動画は2014年5月のもので、ちんさんおすすめのBack to Schoolキャンペーンを、弟者さんとおついちさんとメロやんさんの4名で堪能する回でした。

フレンドリーファイアも愉快な爆笑動画はもちろん大人気で260万回再生を超え、コメント欄にはこのメンツがどれほど楽しいか競うように書き込まれています。

弟者さんはゲスプレイでも人を不快にさせないという、特殊能力のようなトーク力を発揮しているので、動画全体も純粋に楽しめる仕様になっていておすすめです。

リアルサバゲ動画

顔出しは全くせず、普段は声のみのゲーム実況の2BRO.ですが、以前はストリーマーとしてリアル動画も投稿しています。

こちらの動画は2013年5月25日のデザートストーム川越(経営者変更で現在はH.E.A.D.S川越)にて撮影された、YouTubeに「hirotakar加齢た声」というチャンネルを持つサバゲストリーマー加齢た声さんとのコラボです。

動画内容はリアルの方のサバイバルゲーム、つまり生身の兄者さんと弟者さんが見られますが、視点が兄者さんですのでご本人の姿はあまり見えません。

その視点効果もあってリアルの迫力と、それにビビる弟者さんのようすが楽しい動画です😍

特に兄弟仲の良さが窺える自然な動作などが好評で、加齢た声さんの力もあってファン層がぐっと広がったようです。

イラストはTERUさん

可愛くてカッコ良い素晴らしいイラストで、2BRO.のメンバーを彩っているのはイラストレーターのTERUさんです。

彼のことを2BRO.のオフィシャルイラストレーターとして知っている方も多いようですが、CD Projektの超有名タイトル「The Witcher」のスピンオフコミック「The Witcher: Ronin」のヴァリアントカバーを描き下ろすような、世界規模で実力派として活動されている絵師なのです。

そんなTERUさんの画風はアメコミと日本マンガの良いとこ取りという感じです😍

国境が無い、個性を高める、より良い作品を追求し続ける姿勢が絵から伝わり、2BRO.のストリーマーとしての姿勢と共鳴しているかのようです。

これ以上無く2BRO.にぴったりなイラストは、商業目的だけでは絶対に出せない高次元の魅力と定着度ですね。

エンディング曲はHeartbeatさん

2BRO.の動画は、オープニングは誰の動画かを伝えることに注視した短いもので、エンディングは終わることよりも次が始まる予感を感じさせる、どちらもスタイリッシュな映像です👀

いずれも視聴者を焦らさない潔い作りで、映像だけでも誠実さとカッコ良さの塊なのですが、そこにHeartbeat(ハービー)さんの素晴らしい楽曲が差し込まれることにより、無類のエンディングアニメが完成します。

ハービーさんは自身もYouTubeチャンネルを運営しており、ゲーム実況動画など音楽とは直接関わらない動画も多数投稿している、格好良い系美女です😍

作詞作曲も自ら関わっているハービーさんが、2BRO.をイメージして作ったと言われているのが2017年上半期のエンディング曲だった「Fire」でした。

こちらは彼女のチャンネルで投稿されたMVが320万回再生を超える人気曲で、曲の構成もさることながら歌詞も泣かすと有名です。

特に「窮地だってenjoy勢」という詩が、まさに2BRO.を想起させるとファンに刺さりまくっています。

またハービーさんは2BRO.とのコラボ動画もあり、その気さくな人柄から、一緒にゲーム実況をしているものも和気あいあいと実に楽しそうで一見の価値有りです。

弟者さんの人気動画

毎週金曜19時ごろにスタートする生配信「オトライブ」は、弟者さんメイン、もしくは単独の大好評シリーズで、本動画のように630万回再生を超えるモンスター級の人気動画になっているものもあります。

特にホラー系ゲームは弟者さんの怖がりな気質を存分に楽しめたり、一緒に怖がったり怖がらせたりする兄者さんやおついちさんの絡みも面白く、1度見始めると見入ってやめられなくなる人が続出しています。

低音の美声が裏声で叫ぶのが面白いのは言うまでもありませんが、弟者さんはビビりすぎて訳の分からない言葉を口走るくせがあり、本気で怖がっているのが伝わってくるのに面白すぎて「弟者語」と名付けられ視聴者に愛されています😍

それでも神経に障るような甲高い悲鳴や罵詈雑言が出ないとか、プレイング自体はさすがに上手でスムーズであるなど、パニック系でありがちなストレスが無いのも、弟者さんのホラー系実況が愛されている理由でもあります。

精神的に振り切っている時には誰しも本性が出てしまうものですが、どんな役回りでどんな状況でも他者を不快にさせない弟者さんは、まさにそこが神がかっていると言われているのです。

常に全員が楽しくなれる動画作りを徹底している、弟者さん主役回の動画を他にもピックアップしてみます。

おついちさんのプロフィールを紹介している記事はこちら!

ゲーム実況者のおついちさんとは?
おついちのプロフィール!兄者弟者との関係は?モンハンや仁王2の動画は?今回は、2BRO.の一員として大人気なゲーム実況者のおついちさんについて紹介していきます!過去に、おついちさんが元バンドマンとしてボーカルを担当した際の歌声や、2BRO.へは途中から参加した経緯など。なおついちさんについて徹底解説していきます!...

スネークがスネークとスネークを?

弟者さんの1人実況で、2015年9月投稿から2021年10月現在までで再生回数550万回を超え、いまだに伸び続けているほど大人気なのが本動画です。

ソフトは小島秀夫監督の名を世界に定着させたキラータイトル「メタギア」シリーズから、「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」の実況動画です✨

本シリーズを知っている方も知らない方も、このゲームの冒頭は混乱必死なシーンから始まります。

当の弟者さん本人も混乱気味ですが、視聴者はその弟者さんの実況によってさらに混乱が深まっています。

ネタバレになるので全く詳しくは記述できませんが、弟者さんの声が主人公の声優さんと似過ぎていることから生じるこの混乱には、弟者さんの人柄もあいまって中毒者が続出してしまったようです。

特に弟者さんは声に感情が乗るタイプなうえ、純粋に物語にのめり込むので、字幕をオフにすると誰の台詞か分からないほど、情感が豊かな動画になっています👀

メタギアの魅力と、弟者さんの魅力がベストマッチした本動画は、すぐに次が見たくなりますのでお時間が許すときにお試しください。

格好良すぎるときもある

前作の好評を受けて始まったのが本動画、CI Games開発の「Sniper Ghost Warrior Contracts 2」の弟者さん1人実況シリーズです。

2021年9月にスタートした本作は得意のFPSであり、シリーズ2作目でもあり、弟者さんも勝手知ったるようすでサクサク進みます。

しかしどこか抜けている愛嬌抜群の弟者さん、本動画ではスコープが調整できることを忘れてプレイ、自分で難易度を爆上げした状態で進めてしまいます。

その手腕を絶賛するコメントと同じくらい、スコープ調整し忘れていることをツッコむおついちさんの編集を面白がるコメントも殺到し、「このゲームする弟者さん本気で格好良い」「弟者さんのためにあるようなゲーム」と歓喜するファン続出中です😍

かつて「弟者式」と言われるFPSの戦闘方法(移動中も照準のぞき込み状態でタイムロスを減らす)を編み出し、「弟者マップ」と称されるほど空間認識能力が高い彼の本来のプレイヤースキルの高さが、思わぬ形で見ることができる動画となっています。

単発VR実況

代名詞的なTPSやFPS以外にも、さまざまなジャンルのゲームに挑戦している弟者さん達ですが、バーチャルリアリティー(以下VR)ゲームも例外ではありません。

VR実況シリーズで特に人気なのがこちらの動画で、開発元Owlchemy LabsのVRソフト「Job Simulator」の操作を弟者さんが、それを賑やかすのが兄者さんとおついちさんという構成です👀

本動画は極めてほのぼのとした雰囲気で、無邪気な弟をお兄ちゃん達がかまってあげてる感すらある、過去有数に3兄弟感の強い内容が大好評でもあります。

VRだと弟者さんの動作がそのまま反映されるので、コメント欄には「本当にそういう動きをしてると思うと、実在するんやなぁって思ってしまう」など、顔出しを全くしていないYouTuberが実際の人間だということにはっとする視聴者もいました。

またその動きがおちゃめで可愛く、弟者さんの愛嬌の良さが新しい形で表現されていて、コアなファンは見逃し厳禁動画です。

さくら
さくら
実在する人だとうっかり忘れちゃうくらい、声もトークも性格もステキすぎるんですよね!

弟者さん参加のコラボ企画

Inner Sloth開発の「Among Us」上で開催された、超豪華メンバーによるコラボ企画に2BRO.も参加しました。

主催はYouTuber「名もなきねずみ」さんで、他の参加メンバーは俳優の神木隆之介さん、声優の木村良平さん、YouTuberのポッキーさん、ピアニストの清塚信也さん、タレント兼クリエイターの松丸亮吾さん(動画内紹介順)と、誰もが知っているような超有名人ばかりです。

特に2BRO.メンバーは清塚信也さんとは元々なじみであり、弟者さんに至ってはプライベートでもゲームをしたり連絡を取ったりする友人関係を築いています。

実力や人気、人脈を考えると2BRO.がこのメンツに入っていても不思議はないのですが、古参のファンは気取らない性格の彼らへの親近感も強いので、こんなに凄いメンバーに加わっている姿を見ると感慨も一入だったようです❗️

なにより主催が名もなきねずみの名を借りた声優大塚明夫さんですので、弟者さんがこういったコラボへ参加することは、ご本人のみならず、ファンの悲願でもあったでしょう。

本項では、このような自身のチャンネルからはみ出た2BRO.の活動を一部ご紹介します。

有名ラジオ番組やテレビやWebのCMなど、近年は多岐に渡って活動を展開していますが、トークイベントなど全て含めると膨大な数になってしまうので、コラボや共演視点でまとめました。

大塚明夫さんとの初共演

本動画はいつもの2BRO.のラジオ配信、と思いきや、コメント欄が大パニックに陥る全く事前通達無しのサプライズが仕込まれていました。

普通にいつも通り「おはこんばんにちは、弟者です」の言葉で始まったのですが、これが実は声優大塚明夫さんが弟者さんになりすました、逆ものまねだったのです❗️

弟者さんが、大塚明夫さんがいなければ自分は今ここに存在していない、とまで明言し憧れた存在との初共演を、視聴者へのサプライズ演出でスタートしたのでした。

大塚明夫さんと言えば、洋画吹き替えはニコラス・ケイジさんやサミュエル・L・ジャクソンさんなどを担当、ゲームではメタギアのソリッド・スネーク、アニメではワンピースのマーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)、そしてルパン三世の2代目次元大介襲名など、日本に暮らしていれば知らない人の方が少ないだろう特徴的なセクシーボイスの大御所声優です。

そんな大塚明夫さんが、2020年から日本でも猛威を振るう新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中、塞ぎ込む人達を何とか楽しませたいと奮起、始めたのが謎のYouTuber名もなきねずみさんでした👀

そういった経緯でYouTube活動を始めた大塚明夫さんが、以前から2BRO.メンバーに真摯な礼儀正しい若者の良い印象で好感を持っていたとのことで、今回のコラボが実現したそうです。

ご自身も活動を始めていろいろ実情を知ったそうで、2BRO.のリスクヘッジ能力の高さをベタ褒めし、メタギアのド世代である兄者さんも嬉しさにしどろもどろ、弟者さんに至っては緊張と浮かれで顔がぐにゃぐにゃになっていると告白し、視聴者達をほっこりさせました。

弟者さんにとっては、もはや自分のアイデンティティに関わるほどの存在との直接対話に、10年のキャリアも吹っ飛んで終始恐縮しきりでしたが、ちゃんと次へ繋げ、上記のアモアスコラボや名もなきねずみさんの動画への出演を果たしたのでした。

巨匠小島秀夫監督と対談

日本で最も高名なゲームクリエイターの1人、小島秀夫監督が会社を独立して作った、世界で唯一無二の傑作「DEATH STRANDING」の広報活動の1つに、2BRO.との対談がありました👀

そのようすは19年11月8日にPlayStation Japanチャンネルで動画として配信されました。

同チャンネルによると、各界のトップランナーたちと小島監督の対談を通じて『DEATH STRANDING』の魅力を掘り下げる企画、ということで呼ばれた2BRO.の3名は、冒頭から緊張気味でしたがさすがに場数を踏んできたころだったので、小島監督の陽気なおじさんキャラにも助けられ、とても楽しげにおしゃべりしています。

メタギア主人公の担当声優大塚明夫さんとも2BRO.の話をしたことがあったという小島監督の話は、ゲームそのものやゲーム実況者の在り方について、何歩も先をはっきり見据えていて、2BRO.メンバーや視聴者もはっとさせる内容でした。

貴重な話が聞ける、小島作品ファンも2BRO.ファンも必見の動画です。

大スターとも仲良し

2BRO.メインチャンネル恒例ラジオの120回目に、初のゲストとして登場したのが天才ピアニストとして超有名な清塚信也さんでした。

元々清塚さんは2BRO.ファンで友好を深めていて、コラボ相手というよりは友人関係の方が色濃いことが本動画でも伝わってきます。

また、清塚さんの2BRO.への傾倒度が凄まじいレベルで、膨大な数に及ぶメインチャンネルの動画を全て見ている上に、兄者さんやおついちさんのサブチャンネルの動画も隅々まで見ていることが判明し、視聴者も本人達も驚き感激しています✨

そしてこの清塚さんの2BRO.愛はさまざまな場所で発揮されており、彼を通じてスーパースター三浦大知さんとも知り合い、弟者さんとはプライベートでもゲームや周辺機器に至るまで相談する仲になっていると、別所で語られていました。

このように長年堅実な活動を続けてきた2BRO.の人脈は相当の広がりがあるようで、他にも俳優の本田翼さんとコラボしたゲーム実況動画や、大人気YouTuber三人称さんとは何度もコラボしています。

しかしどなたとのコラボでも、弟者さん達はほぼいつも通りのスタンスで、それでいてちゃんと相手と絡むことの面白味を最大限に引き出そうとする、コミュニケーション能力の高さを発揮しています😍

本田翼さんのプロフィールを紹介している記事はこちら!

本田翼
本田翼のプロフィール!ゲーム実況おすすめは?彼氏はいる?本田翼さんはYouTubeで活動されているストリーマーです。 本田翼さんは本業としては女優としてドラマや映画に出演したり、モデルと...
さくら
さくら
ゲームや動画制作の周辺機器をいろいろ試すので知識も豊富だから、三浦さんにも丁寧に教えてあげたらしいですよ✨

弟者さんの人柄や趣味

弟者さんは兄者さんと共に、子供のころ香港に在住していたそうで、日本語と中国語と英語ができることで有名です。

現地の日本語学校に通っていたとの話もあり、日本語は帰国子女とは思えぬほど完璧で、当時香港が返還前だったこともあり英語がネイティブ並に堪能です。

中国語もやはり、見聞きしただけで広東語だと瞬時に判別できるほど堪能です。

また兄弟揃って身長が180cm前後と長身で体格が良く、上記の語学力の高さと、クリエイターとしての意識の高さ、良識を重んじる人格、愛嬌の良さなど、好感を抱かずにいられない人柄です😍

しかも猫を始めとして動物好きな面もあり、休暇もゲームをするほどの根っからのゲーマーで、とても親近感を感じやすいところもあり、そうした「人間性」の部分が動画の根底にあるため安心して楽しめるのです。

また特殊小型船舶免許の取得者で、興味のあることにアグレッシブな面はゲーム以外でも発揮している方のようです。

幼少期はいつも何か手に持って、周りが思いもよらないことをする子供だったそうなので、常に何か新しいことをしたがるのは生まれつきなのかも知れませんね。

好きなもの

リアルでもサバゲ経験があるほどなので、弟者さんは銃火器系のホビーもお好きでTwitterやInstagramなどにそのようすを時々載せています。

ゲームを離れたところでは、動画内でも度々ジブリネタを入れ、週刊少年チャンピオン発の板垣恵介さん原作「グラップラー刃牙」のアニメを賞賛し、ルパン三世大好き人間であると告白したりと、夢がたっぷり詰まっているようなアニメがお好きなようです。

音楽もジャンル問わず奥行きのあるものが好きなのか、スウェーデンのフォークトロニカバンドWintergatan(自作の楽器を使う異才のバンド)を定期的に聴いていたり、株式会社ボンズのアニメ「キャロル&チューズデイ」の「Move Mountains」が好きだと語っていたりします👀

また甘い物もお好きなようで、最近では六花亭の「マルセイバターサンド」や、不二家のカントリーマアム「チョコまみれ」を絶賛するツイートが見られました。

他にも豚汁やハヤシライスなどが好物と語っていたりと、特別高級なものでは無く、実に庶民的な食の好みでファンからの親しみが止まりません。

実兄の影響

子供のころから視力が悪かったという弟者さんですが、動体視力が常人を超えていることがFPSゲーム実況動画などで証明されています。

しかし、じっくり考えながら進むゲームは得意では無いらしく、動体視力を必要としないゲーム代表のRPG系で好きなのは、株式会社スクウェア・エニックスの傑作「クロノ・トリガー」という非ターン制でスピード感のあるアクティブ・タイム・バトルVer.2を採用したゲームでした。

そもそも弟者さんにとってのゲーム実況とは、そういった自身が苦手とするジャンルのゲームを、子供のころ兄者さんがプレイしているのを、横で見ていたことが原点であると語られています。

自分は苦手でできないけど見てるのは楽しい、というのはまさに、FPSなどを自分では上手くできないけど楽しみたい視聴者が、弟者さんの実況動画にハマる理由の1つです。

兄者さんから与えて貰った楽しいことを、今、弟者さんが兄者さんと一緒に多くの人に与える側になっているのですね✨

弟者さんの年収は?

弟者さんの年収は公表されていませんでした。
現在までYouTubeで幅広く活動してきたこともあり、年収も並外れた数値であること間違いなさそうですね!

弟者さんについてのまとめ

イベントに参加すればファンで超満員となり、公式グッズも飛ぶように売れる、今や押しも押されぬ最高のゲーム実況者である弟者さんについて、今回eスポでは人柄を交えてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ストリーマーの黎明期をひた走り、現在のハイクオリティが当たり前なYouTuber業界を作り出したクリエイターの1人であり、それでいて無邪気なゲーム大好き人間である弟者さん✨

時系列で動画を見ていると、その精力的な進化が現状で満足した地点は1つも無く、今現在も着実に次の段階を模索し、生み出そうとしているのが見て取れます。

弟者さんが連れて行ってくれる、新しいゲーム実況動画の世界に期待しないではいられませんね。

そしてそれは視聴者側にも進化をもたらす、エンターテイメント全体の大革命に繋がるかも知れません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました❗️

さくら
さくら
今後の弟者さんにも大注目ですよ!
最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!
関連記事一覧