ゲーム業界への転職・就職

ゲームプランナーに必要なスキルとは?仕事内容や将来性も紹介!

ゲームプランナー スキル

ゲームを作るうえで、基本構成を考えるゲームプランナーの存在は欠かせません。

そんなゲームプランナーとして活躍するためには、どんなスキルが必要なのでしょうか。

今回eスポでは、ゲームプランナーについて以下の内容を中心にご紹介します。

  • ゲームプランナーについて
  • ゲームプランナーの仕事内容
  • ゲームプランナーに必要な資格とスキル
  • ゲームプランナーの将来性

ゲームプランナーに関する基本的なことから、取っておきたい資格・スキルについて詳しく解説していきます。

まつたろー
まつたろー
最後まで読むことを推奨いたします。

ゲームプランナーとは?

ゲームプランナーとはゲームの企画書や仕様書を作成し、ゲームの基本的な構成を考える仕事です。

ゲームに関する詳細な部分を考え、仕様書にまとめます。

その内容はキャラクターやアイテムのデザインはもちろん、ゲームのルールやシナリオ、世界観、画面のレイアウトなど多岐に渡ります。

ユーザーがどんなゲームを求めているかを考え1からゲームを作り上げていくため、困難を極める部分も多いです。

その分やりがいや完成した時の達成感も大きいでしょう

ゲームプランナーの仕事内容

ゲームは企画を考えてアイディアをまとめ、実際に制作を行い、分析と改善という作業を踏んで完成します。

ゲームプランナーはこの全ての工程に携わり、最初から最後までゲーム制作に関わる重要な仕事です。

まずはゲームディレクターやプログラマー、クライアントと打ち合わせを重ね、要望や意見をまとめて企画書を作成してプレゼンテーションを行います。

ここでまた要望や意見が出るのでそれを取り入れて案を改善するという作業を繰り返して、ゲームの基礎となる部分を固めます。

企画が通ったらスケジュール作成やどこにどのくらい人員を配置するかなどをまたディレクターやプロデューサーと協力しながら仕様書を作成します。

これを基にデザイナーやクリエイター、スタッフに指示を出しながら、ゲーム制作の進行が遅れないように常に全体像を把握しておかなければなりません。

試作品が完成したら実際にプレイを行って、また修正・改善を重ねてゲームが完成します。

ゲームプランナーの仕事はここで終わりではなく、ゲームの売り上げや反応から次回に活かすべき反省点を打ち出し、また次のゲーム制作に取り入れていきます。

ゲームプランナーになるには?

ゲームプランナーになるために特別必要な資格はありません。

新卒・未経験者でもゲームプランナーになることは可能です。

ですが、ゲーム業界は実力主義な一面があり、スキルが高ければ高いほど評価される世界です。

そのため、あらかじめ大学や専門学校でプログラミングやデザイン力など、ゲーム制作に必要なスキルを身に着けておくことをおすすめします。

ゲームプランナーに必要なスキルと資格

ゲームプランナーとして活躍するためには、専門性の高いスキルや資格を持っておくと有利です❗️

おすすめのスキル・資格を紹介します。

必要なスキル

ゲームプランナーに必要なスキルは、主に以下の4つです。

企画力

ゲームプランナーは1からゲームを作成するのが仕事です。

ただゲームを作ればいいという訳ではなく、大前提として売れるゲームを生み出さなければなりません。

そのためにはクリアする必要がある課題が数多く存在しています。

その課題を解決し、実際にゲームとして成立させていく力が求められます。

論理的思考力

企画書の内容などを社内でプレゼンテーションし、聴いている人を納得させなければゲーム制作に取り掛かることができません。

自分が面白いと思っている点も、別の人が聴けば「なぜ面白いのか」「これが売れると思った理由は何か」と説明を求められる可能性もあります。

そのようなときに主観的ではなく、客観的に見てなぜセールスポイントになるのか、ニーズに応えられるのか論理的に回答できる能力が必要です。

また、ゲーム制作にはどうしてもお金がかかってしまいます。

自分で必要と思っている金額と会社として出せる金額が一致しないこともあるので、そのような時に予算の必要性と収益の見込みの根拠となる部分を論理的に説明しなければなりません。

論理的思考力が身についていると、ゲームプランナーとして仕事していくうえで役に立つことがたくさんあります。

マネジメント能力

ゲームの制作に多くの人が携わります。

ゲームプランナーはもちろん、ディレクターやプログラマー、プロデューサー、デザイナー、その他スタッフなどが一丸となってゲームを作り上げます。

そのためには、各チームがしっかり連携を取りながら仕事を進めることが重要です。

ゲームプランナーはゲームの進行が遅れないようにしっかりとスケジュールを管理し、各々のモチベーションを維持するためにケア・サポートに回る必要があります。

悩みや不安・不満などを吸い上げることで、自分では気が付けなかった改善点が見つかることも。

広く全体を見渡し、スケジュールより遅れている部分がないかいち早く気付きましょう。

コミュニケーション能力

自分が考えていることを分かりやすく相手に伝えるコミュニケーション能力は、ゲームプランナーに必須のスキルと言えます。

多くの人と関わりながらゲームの制作は進んでいくので、皆の認識がずれないように世界観やストーリーの重要な部分などを正確に伝え、相手が理解しているかどうかも見極めなければなりません。

メンバーやスタッフ1人1人と円滑にコミュニケーションを図り、全体を統率していくことが重要です。

意見を言いやすい雰囲気を作ることで何かトラブルが起きた時にもスムーズに報告できるため、余裕をもって改善に取り組むことができます。

おすすめの資格

ゲームプランナーが取るべきおすすめの資格を4つ紹介します。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験とは、Webサイトを制作するうえで必要なデザイン・HTMLタグ・CSSなどのコーディングスキルを測定・評価する試験です。

試験はスタンダードとエキスパートの2種類に分かれ、現役のWebデザイナーやディレクラー、プログラマーなどが主に受験しています。

ゲームプランナーはデザイン面にも携わることが多く、デザイナーと話すことも多いため、この資格を持っておくとスムーズに仕事を進められます。

情報技術者試験

情報技術者試験はIT業界における基本的な知識を測る試験と言われています。

情報処理技術者としての能力と知識が一定の水準に達しているかどうかを測定する国家資格でもあります。

IT全般に詳しくなっておけば、ゲーム制作を進めるうえでプログラマーと円滑なコミュニケーションが取れるのでおすすめです。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は、プログラミング言語の基礎知識を測る試験です。

ゲームデザイナーは必ずしもプログラミングスキルが必要という訳ではありませんが、プログラムの考え方を知っておくことで、不具合などが起きた時の対処法もイメージしやすくなります

修正点をプログラマーに指示することもあるので、プログラミングについてある程度の知識を身につけておいた方が良いでしょう。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャとはプロジェクト全体を進行させ、品質やスケジュール・コストなどの点を踏まえながらプロジェクトを成功へと導く役割をもつ人のことを指します。

その能力を測る試験がプロジェクトマネージャ試験です。

所属しているメンバーの様子や仕事内容を管理する能力を求められるゲームプランナーに適した能力だと言えます。

まつたろー
まつたろー
資格を取得して活躍の幅を広げましょう。

ゲームプランナーの将来性

現在、ゲームソフトだけでなくスマートフォン向けゲームの開発も盛んになっています。

そのため、ゲームプランナーが活躍できる場はどんどん増えていくことでしょう。

ゲームプランナーの将来性について言及します。

キャリアの幅が広い?

ゲームプランナーは、ゲーム制作において最初から最後まで携わる重要な役割を担っています。

1つの仕事を極めるというよりは、総合的な視点で仕事に関わっていく職業です。

デザイナーとキャラクターデザインについて考えたり、ゲームの基礎的な部分についてプログラマーと話し合ったり、ゲームの方向性をプロデューサーやディレクターと相談したりと、その仕事内容は多様性を極めています。

働く場所によってはプログラマーやデザイナーとしての役割を求められることも。

とてもキャリアの幅が広い仕事です。

転職してキャリアアップも目指せる

ゲームに広く深く関わるゲームプランナーは、転職してキャリアアップを目指すことも可能です。

ゲーム業界で様々な経験を積むことで、ゲームプランナーからディレクターへ、ゲームプランナーからプロデューサーへになったという例もあります。

また、実績重視の世界なので、ゲームプランナーとして実績を積みヒット作を生み出すことでフリーランスや起業を目指すこともできます。

「年収を上げたい」「もっと色々な経験を積みたい」と考えている方は、転職を視野に入れましょう。

ゲームプランナーに転職するならマイナビクリエイター

ゲームプランナーに転職したいと考えているのなら、Web・ゲーム・IT業界の就職に特化した支援サイト・マイナビクリエイターの利用をおすすめします。

専任のキャリアアドバイザーが個別カウンセリングを行い、履歴書の添削からポートフォリオの作成、面接対策などの手厚いサポートを受けられます。

「志望動機にどんなことを書いたらいいか分からない」「面接でいつも緊張してしまい本来の力を発揮できない」という人も、安心してお任せください。

自分で仕事を探すだけでなく、転職希望者それぞれの個性に合わせた求人を紹介してくれます。

これも企業との信頼を築いてきたマイナビクリエイターならではのサービスです。

ゲームプランナーになるための頑張りたいと思っている方は、ぜひマイナビクリエイターをご利用ください

また、マイナビクリエイターについてもっと知りたいという方は、マイナビクリエイターの評判や口コミを調査したeスポの記事を読んでみてはいかがでしょうか?

マイナビクリエイター
【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

ゲームプランナーの必要なスキルについてのまとめ

今回eスポでは、ゲームプランナーについて以下の内容を中心にご紹介しました。

  • ゲームプランナーはゲームの基本的な構成を考える仕事。
  • ゲームプランナーに必要なスキルは「企画力」「論理的思考力」「マネジメント能力」「コミュニケーション能力」
  • ゲームプランナーになるためにおすすめの資格は「Webクリエイター能力認定試験」「情報技術者試験」「C言語プログラミング能力認定試験」「プロジェクトマネージャ試験」
  • ゲームプランナーの活躍の場は増えている
  • ゲームプランナーは転職によるキャリアアップも十分狙える

ゲームプランナーとして仕事を進めるうえで、必要とされるスキルや持っておくと有利な資格を取得し、一流のゲームプランナーを目指しましょう。

そうすることで社会的に評価され、より活動の幅が広がります。

最終的な目標に到達するために頑張ってください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

まつたろー
まつたろー
少しでもお役に立てれば幸いです。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!
関連記事一覧