ゲーム業界への転職・就職

ゲームプランナーに必須の資格・スキルは?仕事内容も紹介!

ゲームプランナーの必須資格は?

「ゲームプランナーになるには資格が必要?」「特別なスキルが無いとゲームプランナーにはなれない?」「そもそもプランナーとクリエイター、プログラマーってどう違うの?」

この記事は、そういった疑問をお持ちの方におすすめ。

今回eスポでは、ゲームプランナーになるための資格・スキルについて以下の内容を紹介します。

  • ゲームプランナーにおすすめな資格一覧
  • ゲームプランナーに必要なスキル
  • ゲームプランナー以外のゲームに関する仕事紹介
  • ゲームプランナーに就職するなら

なぜその資格・スキルが必要なのかも説明しながら、1つ1つ紹介していきます。
ゲームプランナーという仕事が自分に合っていそうか、じっくり検討してみてください。

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

ゲームプランナ―におすすめな資格一覧

最初に、ゲームプランナーに必須の資格というものは存在しません
「ゲームプランナー検定」といった名前で分かりやすい資格があれば良いのですが、そのような資格は残念ながらありません。

しかし、プランナーを目指す上でほぼ確実に役立つ資格はいくつか存在するので、今回はそれらをおすすめ資格として紹介します。

基本情報技術者試験

現時点で専門的なスキルが無い、目指している資格が無いという方は、真っ先に取得を目指して欲しい資格です。

ITに関する基礎的なスキルが身につけられる国家資格であり、IT系では最もオーソドックスかつ知名度の高い資格の1つでもあります。

ゲーム作りとITは、切っても切り離せない関係。
プログラミングをやらない人でも、知識として仕組みを知っておけば、メンバーとの会話にも役立ちます。

ITパスポート

上で紹介した「基本情報技術者」の下位に位置する資格です。

この資格を1つ持っているだけではアピールとして少し弱いですが、現時点でITの知識に全く自信がない、という方は最初にこの資格を目指しましょう

問題は全て選択式であり、分かりやすい参考書もたくさん売られているので、独学での勉強も難しくはありません。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

プランナーとして企画書を提出する際、ゲームの世界観やキャラクターを説明するためには自分で絵を描けた方が格段に便利です。

Illustrator(イラストレーター)はAdobeから発売されているデザイン・編集用のソフトであり、上記資格はデザインの制作能力を証明するためのもの。

この資格は実際にソフトを操作しての実技がメインとなっているので、資格取得の過程で実践的なスキルを得ることが出来ます。

難易度別に「スタンダード」と「エキスパート」の2つに分かれていますが、プランナーはデザインが本業ではないため、ひとまずスタンダードの取得を目指せば十分でしょう。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

Illustratorとセットで利用されることが多いPhotoshop(フォトショップ)。
こちらは、作った画像・デザインを加工することに重きが置かれたソフトウェアです。

こちらもAdobe製品であるため、資格のイメージもIllustratorと同じ
実技がメインとなっているため仕事で即座に活用できる資格です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

Excel・Wordなどに代表されるマイクロソフトのOffice(オフィス)製品。
大学生や社会人なら、使用経験のある方が大多数だと思います。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(通称MOS)の資格においては、Excel・WordのほかPowerPoint、Access、Outlookの試験がそれぞれあり、難易度は2種類に分かれています(高い方の難易度が用意されいているのはExcel・Wordなど一部の試験のみ)。

ゲームプランナーとして優先的に取得したいのはズバリPowerPoint
企画書の提出やプレゼンテーションなどの機会で触れる可能性が高いため、きちんと学んでおくと後々役立ちます。

ゲームプランナーに必要なスキル

ここからは、資格の取得とは別でゲームプランナーに必要となってくるスキルを記載していきます。

いずれも一朝一夕で習得するのは大変なものばかりですが、普段の生活から意識することで養われる能力も多くあります。

プレゼンテーションスキル

ゲームプランナーとして絶対に不可欠なのがこのスキル。
ゲームの企画をプレゼンする場合、自分の頭にしか存在しないものを人に伝える必要があるので、分かりやすくものを伝えるプレゼンテーションスキルは必須です。

「話し方」については経験が物を言う部分も大きいので、すぐに上達させるのは難しいかもしれませんが、「資料の作り方」はいくらでも工夫が出来るはずです。

上で紹介したIllustrator・Photoshop・PowerPoint関連の資格を取得して、資料の作り方に幅を持たせるのも、上達のための有効な手段になります。

発想力

ゲーム作りにおける全ての源となる発想力。
プランナーであれば鍛えておきたいところです。

「発想力なんて鍛えようがない」と思うかもしれませんが、発想力の源は知識です。
例えば、過去に大ヒットしたゲームを調べたりプレイしたりすることも、発想力を鍛える1つの手段でしょう。

もちろん、単純にゲームを遊びまくればいいと言うわけではありません。
ゲーム作りに活かせる知識は無いかどうか、日常生活で考え続けることが発想のきっかけを生み出すので、ふとした瞬間を逃さないように注意しましょう。

企画力

「発想」と「プレゼン」の中間に位置する「企画」という工程。
良い企画をどれだけ生み出せるかが、ゲームプランナーの力量を示すと言っても過言ではありません。

企画力というのは、面白そうなゲームの案を量産する力、という意味だけではありません。
いくら発想が優れていても、子供をターゲットにした企画でホラー要素を詰め込んでしまったら、それは良い企画とは認められませんよね。

ゲーム作りには予算や人員といった制限もあるはずなので、そういった要素を無視した企画
も通すことは難しいでしょう。

与えられた状況や制限の中で、最大限面白いゲームを生み出そうと努力する
これが本当に目指すべき企画力です。

論理的思考力

プレゼンや企画の作成で必要となるのが論理的思考力。

直感的な操作が売りのゲームであっても、内部のプログラムは全て論理的に組まれたものですので、自分の頭の中を論理的に落とし込む作業がどこかで必要になります

これを鍛えるためには、自分が面白いと感じたゲームをレビューしてみるのが効果的です。
「何が面白かったのか」「なぜ面白いと感じのか」「工夫されていると感じた部分は無かったか」「どこを改善すればさらに面白くなるか」といった感想を言語化してみてください。

ゲームの面白さを言葉で伝えられるようになれば、ゲームプランナーに必要な論理的思考力の基礎は完成です。

トレンド分析力

企業でゲーム作りをする上では、売れるソフトを目指すことが大前提です。
そのためにはトレンドを分析し、売れる要素を企画に盛り込む力が必要となります

まずは最近流行っている作品で、何か共通して取り入れられている要素は無いか考えてみましょう。
この場合はゲームだけでなく、マンガや映画、さらには現実の社会など幅広いジャンルから情報を取り入れることが重要です。

ゲーム作りの場合、開発に数年をかけることも珍しくありませんので、最終的には未来のトレンドを予測する力も求められてきます
「今後流行りそう」という段階の情報もキャッチ出来るよう、アンテナを高くしておきましょう。

コミュニケーション力

どのような職場でも必要なコミュニケーション力ですが、プランナーという仕事は自分の企画を人に正しく伝えるまでが仕事なので、特にこの力が重要になります。

ゲームの完成イメージをチーム全員で共有出来なければ、良いゲームは作れません。
自分が軸となるぐらいの気持ちでコミュニケーションを図り、メンバー個々人のイメージをチーム全体のイメージへ統一させる力が求められます。

その際には、プログラマーやデザイナーといった専門職メンバーがおこなっている仕事についてもある程度理解している必要がありますので、幅広い知識も同時に求められます。

ゲームプランナー以外のゲームに関係する仕事一覧

ここまで記事を読まれた方なら、「優れたゲームプランナーになるためには、他の職種に関する知識もある程度必要」ということが分かっていただけたかと思います。

ここではゲーム作りに関係する仕事を3つ、簡単に紹介します。

ゲームクリエイター

やや定義があいまいな職種であり、ゲーム制作に関わる人全てを指す場合もあれば、プロデューサー・ディレクターといった制作の中心人物に使われる場合もあります

特にプロデューサーやディレクターといった職種に興味がある方は、意味を取り違えないようにご注意ください。

CGデザイナー

コンピュータや専用ソフトを使い2Dや3Dのイラスト・デザインを制作する職種。

デザイナーと言いつつも、キャラクターを新たに生み出したりアニメーションを作ったりする場合もあるので、「CGクリエイター」と呼ばれることもあります。

ゲームプログラマー

ゲーム作りでは一番イメージがしやすい職種かもしれません。
企画書や仕様書を元に、名前の通りプログラムを組む仕事をおこないます。

一口にプログラムと言っても、主流となる言語は次々入れ替わっていくので、習得している言語の種類・数も実力を測る指標となります。

ゲームプランナーに就職するなら専門学校!

ここまでゲームプランナーに必要な資格・スキルを紹介してきましたが、正直自分のスキルに自信が無いという方も多いのではないでしょうか。

ゲームプランナーとして必要なスキルを体系的に学びたい、という方には専門学校をおすすめします。

普通の大学と比較すると、進路の選択肢が狭まるというリスクはありますが、その分専門的・実践的な内容に特化したカリキュラムが組まれています。

また、同じ夢を追いかける仲間と共に過ごすことで刺激をもらう機会も増え、モチベーションも高まるでしょう。

専門学校の中では、特に「代々木アニメーション学院」がおすすめ
ゲーム学部には「ゲーム総合科」「ゲームプログラミング科」という2つの学科があり、そのうち総合科ではゲームプランナーを目指すのにも適したカリキュラムが用意されています。

授業は、業界で活躍している講師を招いておこなわれるため、会社での実務を視野に入れた内容が期待出来ますし、卒業後においては就職サポートもされています。

本気でゲームクリエイターを目指すなら、代々木アニメーション学院を一度はチェックしてみてください。

「代々木アニメーション学院」 の資料請求(無料)をする!

ゲームプランナーにおすすめの資格・スキルのまとめ

今回eスポではゲームプランナーにおすすめの資格・スキルについて紹介しました。

この記事では多くの資格やスキルを挙げましたが、全て持っていないとゲームプランナーにはなれない、というわけではありません

短所が見つかったなら時間をかけて克服すれば良いですし、あるいは長所をさらに伸ばすことでも補えるかもしれません。

ゲームに対する熱意を忘れず、自分の目指すゲームプランナーに向けて頑張ってください。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、感謝いたします。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!
関連記事一覧