ゲーム用語集

ソワレの意味とは?マチネの意味との違いは?【ゲーム用語集】

ソワレ

ソワレとは?

ソワレとは、夕方から夜に行われる公演のことです。

ソワレ(soiree)には、英語で「(音楽・談話の)夜会」「夕べの会」「イブニングドレス」といった意味があります。

ソワレはフランス語が語源で、「夕方」「日が暮れた時間帯」「宵」を意味します。

日本でソワレが使われるようになったのは、西洋文化を取り入れながら近代化を進めていた明治時代だったといわれています。

さまざまな専門分野を学ぶため、当時の日本は各国に留学生を派遣していました。
芸術分野に関してはフランスから伝わってきました。

19世紀後半には英語圏でもソワレが使われていたこともあり、日本でも西洋にならって使われるようになりました。
1911年には日本初の西洋劇場・帝国劇場がオープンしましたが、その頃にはすでに使われていたといえます。

  • 見たい演劇のソワレ公演のチケットを取り逃した
  • マチネとソワレで出演者の入れ替わりがあるので、両方の公演を見に行こう

マチネとの違いは?

マチネとは、昼の公演を意味します。

マチネ(matinee)には、英語で「(音楽・談話の)昼興行」という意味があります。

マチネはフランス語が語源で、「朝」「午前中」を意味します。

ソワレとともに、明治時代には日本にやってきて使われるようになりました。

ソワレとマチネの間は?

朝昼夜の3回公演だった場合、昼公演のことをジュルネといいます。

ジュルネ(journee)には、フランス語で「昼」という意味があります。
本来、昼公演とよる講演であればジュルネとソワレを使うのですが、慣用的にマチネとソワレが使われます。

あまり使われない演劇用語であるため、知っていると演劇ファンから高く感心されることでしょう。

マチソワとは?

マチソワとは、昼公演と夜公演の両方を見ることです。

昼公演を意味する「マチネ」と夜公演を意味する「ソワレ」が合わさってできました。

1日中公演を見れる方法であり、公演が好きな人にとって最高に充実した1日を送れる贅沢な公演の見方でもあります。

ソワレの他の用法

ソワレは、公演のほかにも様々な使われ方をしています。

  1. バーチャルライバーによるユニット『Rain Drops』が2021年にリリースしたアルバム『開花宣言』に収録されている曲の名前
  2. 2020年に公開され、和歌山県を舞台に高齢者施設で演劇を教える役者志望の青年と、そこで働く若い女性の逃避行を描いた映画のタイトル
  3. 京都府京都市にあり、色とりどりのゼリーでつくられたゼリーポンチが宝石のようだと話題の喫茶店の店名
  4. ファッション用語で「夜会服」を意味し、男性は燕尾服(正礼装)やタキシード(準礼装)を、女性はイブニングドレスを指す

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!
関連記事一覧