Virtual Youtuber

「ぶいすぽっ!」の如月れんさんとは?APEXや会話ブロンズ部についても紹介!

「ぶいすぽ!っ」の「如月れん」さんについて紹介!

如月れんさんは、「ぶいすぽっ!」に所属して配信活動を行っているVtuberです。

ほかの「ぶいすぽっ!」メンバーのように女の子らしい雰囲気というよりは、ボーイッシュな見た目をしており、低音ボイスでかっこいい女性です。

今回eスポでは、如月れんさんについて以下の内容を紹介していきます。

  • 如月れんさんのプロフィール
  • 如月れんさんのメインでプレイしているAPEXを紹介
  • 会話ブロンズ部
  • 如月れんさんの最近ハマっているもの

如月れんさんがメインとしているAPEX配信や、コラボ配信についても紹介していきます❗️

燦然
燦然
最後までご覧ください。

如月れんさんのプロフィールを紹介

名前 如月れん
誕生日 5月5日
初配信日 2020年10月18日
身長 165㎝
所属 「ぶいすぽっ!」(Iris Black Games)
イラストレーター 東西
ファンネーム #れん帯責任
メンバーシップ れん帯保証人
ファンマーク
配信タグ #放れん送
ファンアート #れん絡帳帳
YouTubeチャンネル 如月れん-Ren Kisaragi-
Twitterアカウント 如月れん⏰
Twitterサブアカウント きさらぎれん

如月れんさんは、「ぶいすぽっ!」に所属し、Iris Black Gamesというチームで活動をしているVTuberです。

「ぶいすぽっ!」に所属しているメンバーの中では貴重なクールキャラとして愛されており、ゲームはあまり得意ではないけど、仲間と一緒に上達したいという意思を持っています。

メインにしているのはAPEXですが、他のゲームもプレイしたり、「ぶいすぽっ!」メンバー以外ともコラボをすることがあります✨

2021年6月現在は、配信活動を始めてから1年も経っていませんが、YouTubeチャンネル登録者数2.57万人、Twitterのフォロワーは2.1万人を超えています❗️

2021年2月には如月れんさんの新衣装も公開されており、今後もさらに活躍していくでしょう。

如月れんさんのメインでプレイしているAPEXを紹介

如月れんさんは、あまりゲームが得意ではないながらも、一生懸命プレイして上手になっており、特にAPEXには力を入れて取り組んでいます。

Apex Legendsは1~3人まででチームを組むことができ、全部で20組の合計60人が1つのマッチへログインして1位を決めるというゲームです。

1つのチームごとにメンバーそれぞれ違ったレジェンド(キャラクター)を選択し、レジェンド特有のアビリティやアルティメットを駆使して戦場を生き残ります。

レジェンドの能力によって、前衛・中衛・後衛と得意分野があるため、プレイヤースキルによっては、選ぶレジェンドが偏ることもあります❗️

如月れんさんのコラボ「会話ブロンズ部」とは?

同じ「ぶいすぽっ!」メンバーで同期でもある橘ひなのさんと、プロゲーミングチームREIGNITE所属でストリーマー部門へ移行したうるかさんとコラボするようになりました✨

コラボすることになったのは、うるかさんが如月れんさんの配信を見ていて、「最近推してる」と発言したことにより、コラボ案が浮上しました。

うるかさんと橘ひなのさんもよくコラボ配信をしていたため、同期である如月れんさんと3人でAPEXをやろうという流れになったようです❗️

燦然
燦然
推しとは上手く話せない気持ち分かります。

会話ブロンズ部発足

如月れんさんとうるかさんは初対面のため、話の仲介役である橘ひなのさんが大事な役割となるこのコラボですが、2人が緊張し過ぎて全く会話が続かないことから、「会話ブロンズ部」と呼ばれるようになりました❗️

うるかさんは仲の良い相手であれば、小学生のようにふざけたり、煽り合いをしたりして笑いの起きる配信をしていますが、推しの前では全く話すことができません。

会話デッキも天気や食べ物、ハヤシライス・カレー・シチューのランク付けなど色々なデッキを用意していましたが、一番長く会話が続いたのは、スプラトゥーンでした🎮

うるかさんについて詳しく知りたいという方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

「Reignite」の「uruca」さんについて紹介!
元プロゲーマーのuruca(りぐうるか)はどんな人?APEXの実績や今後の活動について紹介!uruca(ウルカ)さんは現在ストリーマーとして活動する一方で、過去にプロゲーマーとしてOverwatch(ow)、Apex LEGEN...

第2回会話ブロンズ部

2021年2月3日には、第2回となる会話ブロンズ部のコラボ配信が行われました❗️

2人の仲介役であるはずの橘ひなのさんまでもなぜか会話ブロンズになってしまったため、会話が途切れてしまう場面も何度かあります。

うるかさんは相変わらず推しを優先しており、如月れんさんと橘ひなのさんがダウンしていたら、如月れんさんを先に復活させたりもしています。

第1回よりは成長したのかもしれないし、気のせいかもしれない第2回会話ブロンズ部も見どころ満載です✨

橘ひなのさんについて詳しく知りたいという方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ぶいすぽっ!所属の橘ひなのさんとは?Apex最高ランクに達した実力者の素顔も紹介
「ぶいすぽっ!」所属の橘ひなのさんとは?IBGやゲームの実力についても紹介!橘ひなのさんは、Apex Legendsの最高ランクに到達したこともあり、FPSゲームの実力に定評のあるVTuberです。 今回e...

第3回会話ブロンズ部

2021年4月24日には第3回会話ブロンズ部としてのコラボがありました。

第1回、第2回のコラボは橘ひなのさんが誘ったことから行われましたが、第3回は如月れんさんが2人を誘ったことにより実現しました。

うるかさんも成長しており、今回はなんと会話デッキを4個も持ってきていましたが、配信が始まるとすぐにデッキ切れを起こしてしまい、リスナーにデッキを求めていました。

ここでもうるかさんの心は変わることなく、ことごとく如月れんさんを優先しています❗️

3回もコラボしていると、慣れも出てきて会話もできるようになったのかと思いきや、どうしても推しとは上手く会話できないうるかさんと、それに釣られる如月れんさんなので、いつまでもブロンズのままでした。

如月れんさんが所属する「ぶいすぽっ!」とは

如月れんさんは、「ぶいすぽっ!」のIris Black Gamesというチームに所属しています。

「ぶいすぽっ!」はVirtual eSports Projectの略であり、ゲームに対して本気で取り組むメンバーが集まり、eSportsの良さというのを広げていくための次世代Virtual eSportsプロジェクトです。

ゲームをメインとした配信活動のサポートを行ったり、大会へ出場するなどのeSportsに関することへ力を注いでいます。

ゲームに対して本気で活動をしているため、あまりゲームが得意ではない如月れんさんは、「ゲームが上手にできないから心が折れかけた」ということもあるようですが、「いやでもホワイトだしな」と思いとどまったようです❗️

「ぶいすぽっ!」の運営さんも、配信者のマネジメントだけではなく、配信中にコメントしてリスナーも盛り上げたり、メンバーがコラボしている相手のコメントに現れたりと、軽いフットワークなので度々見かけます。

「ぶいすぽっ!」に所属しているメンバーも個性豊かなキャラが多く、可愛い見た目をしているのに芸人集団と言われたりして、絶対にアイドル集団とは言われません。

もはや「ぶいすぽっ!」のメンバーとも言われている白雪レイドさんにも、「ぶいすぽっ!」という箱の凶暴性というパワーワードを言われていました❗️

下記の記事では、「ぶいすぽっ!」の胡桃のあさんについても紹介しています✨

ぶいすぽっ!所属の胡桃のあさんとは?ゲームの腕前や趣味についてご紹介!
「ぶいすぽっ!」所属の胡桃のあさんとは?ゲームの腕前や趣味についてご紹介!胡桃のあさんとは、Virtual eSports Projectの「ぶいすぽっ!」に所属している、よく笑いよく泣く僕っこVtuberです...

如月れんさんの最近ハマっているものは?

ギャグマンガ日和という作品は、その名の通りギャグに対して振り切っており、笑いを求めたものとなっています。
全15巻発売されて、2005年にアニメ化されています❗️

如月れんさんのこの何気ないツイートに対して、DeToNator所属のあきとさん、あれるさんなど仲の良いプロゲーマーも反応していました。

如月れんさんはマイクの音質が少し悪い

如月れんさんは、部屋に物をあまり置いていないせいなのか、声が反響したように聞こえるので、あまり音質がよくありません。

マイクも変えてみたようですが直らなかったため、如月れんさんの音質は特徴だと思いましょう❗️

如月れんさんについてのまとめ

今回eスポでは、「ぶいすぽっ!」に所属している如月れんさんについて、紹介しました。

得意ではないゲームも日々努力をしているおかげもあり、APEXではついに3500ダメージを出すことができました。

ボーイッシュな雰囲気があり、かっこいいと言われていながらも、ところどころで可愛さが溢れています❗️

そんな如月れんさんのことを応援したいという方はYouTubeのチャンネル登録や、Twitterのフォローをよろしくお願いします。

燦然
燦然
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事一覧