ゲーム業界への転職・就職

プロゲーマーにとって英語は必要?メリットや理由を解説!

プロゲーマーになるには英語は必要?

「プロゲーマーになりたいのだけど、英語は勉強しておいたほうがいいの?」と悩んでいる方や「英語はプロゲーマーにとってなんの役に立つんだろう?」と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回eスポでは、プロゲーマーにとって英語が必要かについて、以下の内容を紹介していきます。

  • プロゲーマーに英語は必要か?
  • プロゲーマーにとって英語ができるメリット
  • プロゲーマーの英訳
さくら
さくら
最後まで読んでくれるとすごく嬉しいです❗️

プロゲーマーに英語は必要?

国内のプロゲーマーを目指すならば必須ではありません。
しかし、国内のプロゲーマーとはいえども英語ができると、それが役に立つ場面は多くあります

では、英語がプロゲーマーにとって何の役に立つのかについては、次の章から詳しく説明していきます。

英語ができるメリット

こちらでは、プロゲーマーにとって英語ができるメリットについて紹介していきます❗️

海外のプレイヤーと交流できる

世界中で英語が通じる国は多くあります
英語が公用語の国は、アメリカやイギリスだけでなく、50カ国以上の国があります。

英語を公用語としていなくても、英語を学ぶ国は多くあります。

それに、同じゲーマーであれば、世界大会を観戦したり、世界のプロゲーマーの配信を見たりするためにも英語を学んでいる方は多くいるかもしれません。
海外のプレイヤーと交流するために英語を学んでいる方もいるでしょう。

そのため、英語を話せると海外プレイヤーと交流できる可能性が高くなります

海外チームに所属するにも、日本語だけでは意思疎通が難しいです。

また、たとえば、日本、中国、韓国、アメリカ、ドイツの選手でチームを組んだときに、何語で話すかといえばやはり英語が現実的でしょう。

海外で活躍できる可能性がある

英語ができると、海外で活躍できる可能性があります✈️

海外で活躍するメリットとして日本と海外の「eスポーツ市場規模」の違いや、日本と海外の「賞金」の違いがあります。

まず、日本と海外のeスポーツ市場規模について話していきます。

ファミ通が発表した日本eスポーツ市場規模によると、2020年の日本eスポーツ市場規模は66.8億円です。

それに対して、グローバルeスポーツマーケットレポート2020によると世界eスポーツ市場規模は9.74億米ドルです。

日本eスポーツ市場規模は世界eスポーツ市場規模の10%にも満たしません😭

つぎに、賞金の違いについて話していきます。
海外では賞金が莫大な大会も数多く存在します。

Dota2の世界大会では賞金総額約37億円の大会が開催されたこともありますし、フォートナイトの世界大会では約32億円、League of Legendsの世界大会では約7億円の賞金総額が支払われました🏆

ですので、海外で活躍することには多くのメリットがあります。

海外に向けてゲーム実況できる

プロゲーマーには配信活動をされている方が多くいますので、あなたがプロゲーマーになったときに、あなた自身もゲーム実況をされるかもしれません。

ゲーム実況において、英語での配信は海外の視聴者層を獲得できる可能性があります

やはりライブ配信サービスのユーザーは、日本語ユーザーよりも英語ユーザーのほうが圧倒的にいます。

その英語ユーザーを獲得できれば、視聴者数も増え、配信者としても成功しやすくなるでしょう✨

シンプルにかっこいい!

プロゲーマーですから、スポンサーやファンがつきますので、いいイメージを持たれることも重要です

プロゲーマーになったあなたが海外でのインタビューに流ちょうな英語で受け答えをすると、かっこいいと思ってあなたに興味をもってくれる方もいるかもしれません。

さくら
さくら
英語ができる人ってかっこいいですね✨

海外製のゲームに慣れやすい

英語が読めると、海外製のゲームに慣れやすいというのがあります。

たとえばブリザード・エンターテイメントが開発したハースストーンというカードゲームは、2014年3月11日にリリースされました🎮
このゲームの日本語対応が2015年10月21日です。

英語のカードテキストが読めないと対戦になりませんので、リリースから約1年半出遅れてしまうことになります

日本語対応していないゲームは、日本のユーザーも少なくなりますので、ネットでの日本語の情報も減ってしまいます。

なので、情報収集にも英語ができることが有利に働き、上達も早くなります

プロゲーマー引退した後に職に付きやすい

プロゲーマーになるとして、引退後のセカンドキャリアも考えておいたほうがよいです

英語スキルがあると、プロゲーマーを引退した後に職に付きやすくなります。
英語を活かせる仕事は、ITエンジニアや、外資系企業、通訳や翻訳家などたくさんあります。

また、英語の資格をとっておくと、それを評価してくれる企業に就職しやすくなります。

プロゲーマーを英訳すると?

professional gamerです❗️

プロゲーマーを目指すなら!

プロゲーマーを目指す上で英語が話せることに加えて、eSportsに特化した教育を行っている専門学校に通うことも手段の1つです。

様々な専門学校の中でも、ヒューマンアカデミーの「e-Sportsカレッジ専攻」がeスポがオススメする専門学校の1つです。

ヒューマンアカデミーでは、プロゲーミングチームの「Crest Gaming」に所属する選手から直接プロゲーマーとしてのノウハウを学ぶことができます!

また、プロゲーマーを目指す方たちだけでなく、ストリーマー(実況者)として活躍したい方にもオススメの専門学校です!

「ヒューマンアカデミー」
の資料請求(無料)をする!

プロゲーマーにとって英語が必要かについての結論

今回eスポでは、プロゲーマーにとって英語が必要かについて紹介してきました。

国内のプロゲーマーを目指すならば必須ではありません。
しかし、海外進出や海外のプレイヤーとの交流を行いたいのであれば、英語を話せたほうがよいでしょう。

さくら
さくら
最後まで読んでくれて、ありがとうございました🙇‍

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!
関連記事一覧